「デザインの本質」や「UXデザイン」を社内で理解を深めて貰うために

目次

UXデザインとUI/UXの関係

デジタルトランスフォメーション(DX)の導入では、ユーザー体験(UX)や操作性(UI)のデザイン(=設計)がプロジェクトの成否を握る鍵と言えます。

ユーザー体験(UX)や操作性(UI)の設計がしっかりと練られていないと、どのようなテクノロジーを活用しても利用促進が進まずユーザーの目的が達成されません。結果、満足度は高まらずにDX導入が定着せずに廃れる状態に陥ります。まずは、そのUXやUIの役割を整理していきます。

UXデザインの全体像

UI(User Interface)UX(User Experience)の関係を理解する上で、UXデザインの全体像から見ていきます。

UXは人間中心設計の思想を軸に、そこからユーザービリティを評価軸としてユーザーの目的達成を支える具体的な設計をUIが担う相関図。

UXは状況により、CX(Customer Experience:顧客体験 )と言われることがありますが、今回はUXに言葉を統一して解説していきます。

UXデザインを一言で言えば、「経験価値の戦略的設計」とここでは定義します。その原理原則となる思想が前述した「人間中心設計HCD」です。

そこから派生した使い易さの基準となる「ユーザービリティ指標」や情報設計 (IA : Information Architecht)などを基に操作性でユーザーが目的を達成できるストレスのない「視覚化した仕組み」がUIデザインになります。

UXデザインが対象者の理解を基幹とした全体の「戦略」に対し、その戦略を具現化した一貫したスタイルやパーツ設計、コンポーネント(=デザインパーツ)のライブラリ化にあたる「デザインシステム」としてルールの策定など「戦術」の役割と言えます。

いかなるサービスやプロダクトであれ、利用する側の心を読み解き提供すべき経験価値が適切でなければビジネスは成立しません。次に、UXデザインが事業開発においてどのような役割を担うかを確認していきます。

事業開発におけるUXデザインの役割

新サービスや商品開発において、もしくは、新規事業に立ち上げにおいて従来はサービス内容や商品は競合優位性や機能面を中心にBusiness側(採算性・理念)とSystem側(実現性・生産)を中心に開発が進んでいました。

事業開発における、ビジネス、サービス、システムの3構造とサービスにおけるUXデザインがその他を結びつける翻訳の役割を表す図版。

現在はモノや情報の氾濫やテクノロジーの普及により模倣される速度も速まり、サービス需要のライフサイクルが短命化する傾向があります。

リーダー企業などが他社の追随を押さえるためには、スペック重視ではなくユーザーやカスタマーが継続して利用を続けたくなり差別化に繋がる情動的共感を醸成する経験価値体験設計のデザインが必要不可欠となりました。

経験価値の企業事例

スターバックスは、薫り豊かな焙煎コーヒーと共に”心地よい居場所”(=Third place)を提供を掲げて、店舗設計からブランドの世界観を統一して展開してきました。(現在、コロナ後の米国ではドライブスルーやテイクアウト型の店舗業態をへシフト)

無印良品は、主立った嗜好性の排除で非ブランド化の”素地”を楽しむ “あらゆる人々の思いを受け入れられる究極の自在性* ”で普遍的なスタイルや企業理念が生活者に受け入れられて発展してきました。

Service側のUXデザインとは、Business側とSystem側を繋げ双方の橋渡しとなるブリッジ機能や翻訳の役割として事業開発の方向性や足並みを揃えさせて最終的な提供価値を創出する。

提供する価値におけるデザインの位置

次に、事業開発における提供価値の観点からデザインの位置づけをみていきます。過去の記事でアート思考とデザイン思考の関係性を説明した中で使用したSciense,Engininering,Desing,Artの4事象から総合的価値の枠組み、「SEDAモデル」でデザインの役割を再確認していきます。

Science, Engineering,Design, Artの4事象で提供すべき統合的価値を表す「SEDAモデル」の図
モノづくりは、機能的価値と意味的価値の両側面のバランスが必要

サイエンスエンジニアリング は、研究・開発としてResearch&Development(R&D)の役割でモノずくりの基幹部分にあたります。

しかし、現在の日本のモノづくりが機能面の差別化に傾倒し続けてき結果、グローバルの競争力で後退してきた要因でもありました。

デザインのヒトの理解を通して深い共感に結びつける「視覚化した仕組み」や、アートの哲学的な思想背景と共に意味的価値を付加して提供しなければテクノロジーの汎用化と模倣の速度の相関関係でレッドオーシャン市場となり競争優位性を失います。

逆に、意味的価値を備えたサービス(プロダクト)は、独自のブルーオーシャン市場を創り自分たちの独断場で他の追随を許さないポジションを勝ち取ることが可能になります。

また、デザインとはエンジニアリングの関係性は、両輪として主に既存の問題の改善や解決を担う役割を有します。それに対してサイエンスアートは、情動的主観と理論的客観性の関係から新たな価値や問いを生み出す新規イノベーション開発に力を発揮すると言えます。

ハード面だけでないソフト面で競争力あるモノづくり(=サービス開発)は、デザインがヒトを中心に据えた理解で提供価値を深める役割を持つ。

デザイナーのタイプを理解する

最後に、専門のデザイナーの主な特徴を理解して経営側との円滑な意思疎通や適切なチーム構築に役立つヒントを解説していきます。

デザイナーの4タイプとキャリアパス

C.クラフトマン型→B.マネージメント型

アカデミーなどの教育機関では、C.クラフトマン型としてまずは専門知識を学びます。社会に出てスペシャリストとしてキャリアを積み上げて、年数と共にマネージメントの職域に向かう一般的な方向性があります。

それは、現場志向でありながら専門チームやプロジェクトまとめる能力を持つデレクタータイプとも言えます。

C.クラフトマン型→D.探検家型

D.探検型のデザイナーは、自身のフィールドを特定分野に限定することなく好奇心と探究心でさまざまなデザインに挑戦するタイプです。

特にデジタル分野では、平面構成のみならず動画編集やアニメーション制作、サウンドデザインなど多様な素材を駆使して表現を行える環境が誰でも手に入れられる時代背景も肩を押しています。

また、デジタルマーケティングやキャンペーンなどの企画立案にも積極的に参加するタイプも存在します。

D.探検家型→A.サイエンティスト型

A.サイエンティスト型は、キャンペーンのプランニングやデジタルマーケティングを遂行する内にKPI(業績評価指標)やKGI(目標達成指標)の数値設定やモニタリングを行い仮説検証を繰り返してプロジェクトの設計から運用までを見据えるタイプ。

プロデューサータイプとも言え、このタイプはUXデザイナーなどに向いています。

「デザインリテラシー」としてビジネスに活用

この4事象は、優劣を表している訳ではなく専門性を持ちつつ自身の価値を水平や垂直に伸ばしていくキャリアの傾向を捉えたマトリックになります。

組織の規模によっては、年次が進むといくつかの事象を横断する経験を持つ場合があります。専門性の強い組織に在籍する場合は、クラフトマン型を深く探究する研究職タイプのデザイナーも存在します。

特にデジタル分野におけるデザイナーの役割は広域な職能へ拡がりを見せる一方、一般の職種でもデザインの知識を発想やコミュニケーション技術の道具としてビジネスに活用するジェネラリストとしての「デザインリテラシー」の取得の重要性が増しています。

いずれの場合も、チームビルディングや外部デザイン会社へ発注する際にどのような役割をデザイナーに期待するかを見据えることで意思疎通を深めミスマッチな依頼を軽減させることが可能になります。

まとめ

UXデザイン=全員参加のプロジエクト

デザインに限らず、私たちは知らずに固定概念に縛られて物事を判断する傾向があります。デザイナーも多様な人材が存在することを解説してきました。

特に、UXデザインは心理学や行動経済学なども包括した仕組み作りが必要になります。何故なら、ユーザー体験とは信頼関係と共感を醸成するための適切な「経験価値」を提供するためにあるからです。

どのような先端テクノロジーの活用やソフトウェアや新規事業の開発においても、誰のどのような課題解決のための適切な経験価値を提供する仕掛けを組み入れなければ、「仏造って魂入れず」でプロジエクトは失敗に陥ります。

また、広義の意味合いとして問題解決のUXデザインは、誰もが当事者となりデザインプロセスに関与して一貫した仕組み作りにチーム(=全組織)で取り組むことでデザインに対する期待を変革させ、解決すべき問題を追求できると考えます。

まとめ:デザインの本質とUI/UXの関係性
  • デザインとは、狭義では装飾やスタイル、広義では設計や問題解決という意味を持つ
  • 優れたデザインには、よく錬られた視覚化された仕掛け発展の仕組みが備わる
  • UXとは、全体戦略にてその目的に沿った戦術面である視覚化された仕組みがUI
  • UXデザインは、ビジネス側とシステム側の繋ぎ翻訳の役割
  • ヒトを中心に据えるデザイン活動は、適切な経験価値を導くための行為

参考情報

X(旧ツイッター)やフェースブックのアカウントをフォローを頂くと最新記事を読み逃すことなく閲覧できます。

1 2
デザインの本質を理解しUXデザインを取り組むことで誰もがデザインの価値を生み出せる。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次