アート思考とは:社会に対する新たな問いを立てる方法

アート思考とは|アイキャッチ画像|デラクロアのスケッチ画像
Eugène Delacroix, 1852, “Study for Marphise and the Mistress of Pinabel”, The Art Institute of Chicago. (CC0)

デザイン思考と同じく、アート思考もいろいろな定義や解釈は見受けられます。”アート”という言葉の響きが、ひとによっては違和感などを感じる方もいるかもしれません。一言で説明すると、アーティストが作品を生み出すプロセスを利用した思考法です。正解を求めるのでなく、新たな回答を創出する必要があると言われる不透明な現代。私自身、ファインアートを大学で学び、グラフィックデザイン/コンサルティングを仕事としてきた経験から、その特徴と所見を以下にまとめてみました。安心してください。「絵心」なる物は、必要ありませんので。

目次

様々な視点による自由な物の捉えかた

基礎デッサンにおける別の観点を探る

アメリカの大学の芸術学部でアートを学んでいた1年目、デッサンの基本技法を学ぶ授業に参加しました。そのクラスでは、部屋の真ん中に対象の石像を置き、それを取り囲むように生徒はイーゼルを配置します。時間制限は3分間。おのおのでデッサンを行い、時間が来ると教授の合図とともに、描きかけの絵はそこに残したまま、時計回りに隣のイーゼルに移動します。そして、他の生徒が書いた絵を今度は観察し、自分の思うままに上書きしていきます。これを何回も繰り返していくと、何が書かれているか分からなくなるほど、ドローイングペーパーは、様々な描写で塗りつぶされていいきます。興味深いのは、同じ物を見据えていても、それぞれに多様な視点で繰り広げられている事がイーゼルを移動するたびに感じ取れることでした。

マルチアングルで物を捉える多様な視点

「彼は、この部分をすごく注視していたんだ」、「もっと、ここに影を描く必要があるのではないか?」。他人が下した判断/表現を確認しながら、自分の目で物を捉え直すことで、段々と自身の観察力が研ぎ澄まされる印象になりました。それは、他人の“眼”を借りつつ、自分自身で深い洞察に到達するための問いかけ(=観察)を繰り返す行為であったと考えます。

同じ角度から同じものを見ていても、多様な捉え方=視点が存在し、そのことに気付きつつ自分の物の見方を調整するための訓練でした。短い時間で何度も観察とデッサンを繰り返すさまは、まるでアスリートの体力トレーニングのように、思考と生産(アウトプット)の反復横跳びを繰り返すような基礎訓練でした。授業を終えた後は、最初はかなり頭が疲弊した記憶が蘇ります。

「正解を見つける」から「問いを創る」ゲームチェンジャー時代

不透明な時代で、ありきたりの従来の答えが「正解」とはならない現代。新たなテクノロジーの出現やコロナ禍による旧慣習の崩壊や生活変容で、今、必要とされるのが独自の発想力。そこでは、「何を変えるか」だけでなく、「どう変えるのか」という斬新な切り口や新常識を創出することが必要となります。その様なゲームチェンジャー時代に、私たちは、旧来の慣習下や他国のルール下で生きるか、新たなルールを創出し人生を楽しむのか、問われているのかもしれません。その中で、従来の理論的思考や問題解決の思考法とは異なる、飛躍した思考を生み出すアート思考という技術が注目されてきたと考えます。

アート思考とデザイン思考の違いと共通点

視点で変容する語り口

よく目にする定義として、アート思考=0から1を創出するツール(創造プロセスデザイン思考=1から10、100などに改良・飛躍させるツール(発展プロセスという考え方があります。それも一理あると言えます。ファインアートを学び、グラフィックデザイナーとして実務もこなして来た経験から、よりシンプルに表現すれば、主観性と客観性の比重による物語り(=視点)の違いにあります。つまり、自身の感覚や哲学を軸に社会へ新らたな「問い」を生み出す主観的視点を重要視したアート思考と、真の課題設定を施しその解決するために共感という客観的視点を軸に問題を解決するデザイン思考と言えます。

アート思考=主観性、デザイン思考=客観性という単純な構造ではありません。デザイン思考もアイデエーションなどのアイデア創出時に、客観的な視点で観察で得た問題点に対してそこからなにを感じどう意味付けしてアイデアに繋げるかは主観的思考が働きます。またアート思考も新たな疑問から問いを点てて具現化する時には、客観的な視点でアイデアを検証することで強靱なアイデアに仕上がります。あくまで2つの思考法において、客観性と主観性の比重の違いになります。(2021年3月17日追記)

イノベーション開発を実践するためのデザイン×アート思考との関係性

イノベーション開発とデザイン思考とアート思考の関係性と構造化
意味創造のイノベーションと問題解決のイノベーションにおいてデザイン思考とアート思考の活用領域とその他の補完する思考法を構造化

またデッサンは、視点を変えることで構図が変わり表現も変化します。これは物事をの捉え方で対象が様々に変化しアートとしての表現の幅が拡がります。アート思考のセミナーなどでは、この原理を利用して簡易デッサンを取り入れ自分の見える世界に対する固定概念に気づく内容が盛り込まれていることがあります。自分が見ている世界は、他の視点から見れば意味も内容も変わります。「でも、デッサンとかの基本は、目に見える物を忠実に再現する客観的視点が重要じゃないの」と指摘をする方も居ると思います。ここでアート自体の役割の変移を振り返ってみます。

アートの役割と変移

中世期頃までの西欧において、アーティストの描く題材は主に神話や宗教などがテーマが中心でした。それは、識字率のまだ低い頃に、聖書などの物語を写実的にビジュアルで伝えるため教会などから依頼が多かったからです。16世紀以降にはプロテスタントによる偶像崇拝を禁止する宗教改革がおこり歴史画などは一部、流行から外れていきました。宗教画が制作の中心であった画家達は、大富豪などのパトロンも私邸を飾る装飾絵画や肖像画などを制作していきます。

大きな変換が起きたのは、19世紀初頭にカメラが発明されたことです。精緻な技法で美しく模写するアーティストの存在意義が問われだしました。そうした背景の中、大衆までに写真が普及する20世紀初頭頃には、芸術家の自由な表現が開花して行きます。近代美術以降において、印象派、キュービスムなど、個性豊かな表現・創作が生まれました。言葉を換えれば主観的に考え新たな問いを点てながら、アーティストの独自の視点と自由な解釈で行われる創作活動が育まれていきました。これが、今日の近代・現代アーティストに対する「自由な発想」を有する職業種というイメージが確立された背景です。

デザイン思考とアート思考の違い|解決者と哲学者

デザイナーは、課題解決の観点より利用者や取り巻く環境を考慮しながら客観的視点に比重を置く問題の解決者と定義します。それに対してアーティストは近代美術史以降、対象物を「どう解釈する」という手法だけでない内面から湧き上がる主観的視点に比重を持たせ、更に現代アートでは社会に対して新たな問いを創り出す哲学者とも言えます。

デザイン思考とは”の記事で説明した、対象である課題の選定基準が「解決すべき課題」を如何にして発見するかという、解決手法に注力し客観的視点に比重を置く姿勢がアート思考とは異なります。言い換えれば、問いを重視した洞察の中から新たな問題提起を見出す個人の視点がアート思考の特徴と言えます。

またデザイン思考が他との対話を中心とする思考法であるとすれば、アート思考は社会に対して自分との対話を中心とした内発的な思想です。その意味で経営者の事業ビジョンと通ずる特徴でもあります。

更にデザイン思考という技術と併せて利用する事でアイデアを具体的な施策上の課題解決までを整理することも可能になります。つまりビジョンやコンセプトなどのビジネスの起点をアート思考で掘り起こし、デザイン思考で想定される課題設定から具体的なソリューションを探索する一連のビジネス開発の流れを構築します。

どちらにも共通することとして、思考を繰り返すことで固定概念や「あたりまえ」という既成概念の壁を越えて創造性を養える下地を整えます。繰り返し伝えれば、アート思考とデザイン思考は二律背反でなく、新たな世界を見つめつつ現実の課題にも目配せが可能になる遠近両用レンズになるでしょう。

共通点:客観と主観などの視点バランスと「守・破・離」のプロセス

何かしらの成果物=アウトプットを創出するためにどちらも、観察力深い洞察力、そして形作る表現力は、共通する特徴です。特に観察においては、複数の角度からの対象を見据えるマルチアングル(複眼で捉える)という手法は、アーティストもデザイナーにも共通した技能です。観察力に関して見ると、ピカソも幼少期の自画像など精緻な描写でテクニックを早い時期から取得していたのが分かりまが、模写は表現者としての基本であり、忠実な再現力は客観的な観察力から生まれると言えます。単なる独りよがりな主観性だけの表現では、香りのない花のようにどこか物足りなさを感じるでしょう。

基本を重んじ忠実に教えを守り、自身の要求に目覚めた様式を進化させた延長に独自の表現にたどり着く、日本の古来から道を究めるプロセスである「守・破・離」という考えがあります。新たな問いを見出す事で思考を飛躍させ唯一無二のアイデアを生み出す現代アートの思考は、この主観性と客観性からたどり着いた問題提起の姿勢によるマルチアングルな視点によって生まれたものと考えられます。それは、ピカソの表現手法の変移と重なる部分からも窺えます。アート思考もデザイン思考も概念(情報)を理解し、知識として吸収し身につけながら応用し、行動による実験を繰り返す中で自分自身の知恵としての独自の型に昇華すると考えます。

アート思考の3要素

思考の海原を航海するための3ポイント

主にアート思考を構成する特徴である3要素を掲載します。

観察力:Observe

多角的かつ既成概念に囚われない自由な視点で、「ものの見方」の焦点を自在に変化させる探究心。

洞察力:Insight

目に見える表面の物事を捉えるだけで無く、観察を基本としたその周囲にある文脈や背景を読み解く読解力。

具現化:Visualization

抽象化したアイデアやコンセプトを言語や形などの目に見える形にする表現力。

表現というアウトプットという果実に対し、幹となる探究心から湧き出る観察やその下層の大地に根を張りめぐらせる興味・感情をベースにした哲学が支える思考の構造となります。ものの見方により、対象は人それぞれに異なる印象を生みます。アート思考とは、「ものの見え方や捉え方」を問いただす深い洞察力による問題提起と、それをどう形にするか「形成手法」を養う思考法と言えます。言い換えると社会に対する疑問をベースに「内から外」に向かう強い意志や情熱がアート思考と化しして新たなアイデアを具現化していくのです。

モダン経営に必要となるのは、創造性を生み出すための強い信念などをベースにした独自の視点による創造=提供価値なのかもしれません。不確かな事業の大海をタフに航海するため、この3要素を活用し新たな価値創造に繋げられることが事業継続の礎となるでしょう。経営者もアーティストと同様に、意思決定や判断を個で行う共通点を有していりと言えます。アーテイスは鋭い感性で時代を察するアンテナとしての感度を有してます。今日、アート思考がビジネスで注目されている背景には、この時代を先読みする高い感度が、不確かな時代におけるモンダン経営で定量分析や理論思考だけでなく感性経営が必要になったからだと考えます。

まとめ:感性と異なる思考技術

主観的視点に比重を置きながらも、観察や洞察を含め客観的、かつ理論的な視点も活用し「ものの見方」を研ぎ澄ます考える技術、それがアート思考という思考技術。このような言い方をすると、「やはり、絵心的なものが無いから無理….」などと振り出しに戻ってしまうかもしれませんが、安心してください。誰でも知識と意識を整えていけば身につく「技術」であり単なる「感性」とは異なります。つまり、特殊能力でなく行動や実験などのアウトプットを通じて磨かれる技術です。

今後はより具体的な実践方法や活用事例、組織導入における課題なども記事にしていきます。

まとめ:【アート思考とは】
  • 問題提起を中心に、新たな問いを生み出す技術
  • 「ものの見え方や捉え方」を研ぎ澄ます思考法
  • アート思考とデザイン思考の両輪で新たなビジネス価値を創り安定を生み出す

参照文献:

アート思考とは|アイキャッチ画像|デラクロアのスケッチ画像

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事をシェア頂けましたら、励みになります。
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる