ノンデザイナーが理解すべき平面デザインの原則(デザインリテラシー)|失敗しないデザイン発注の教科書 Pt.3

平面デザインの良し悪しを判断するデザインリテラシーのポイントとは?
URLをコピーする
URLをコピーしました!

WEBや会社案内、ポスターなどのデザインを依頼してデザイン案の中から一つを選別する際、ノンデザイナーの担当者が主観的な判断でなく、平面構成などの基本的な平面デザインの原則(デザインリテラシー)を理解していれば、デザインの良し悪しを見極める効果が期待できます。ノンデザイナー側の感性は重要ではありません。必要なのはひとの心理的側面と基本的なデザイン原則を知ることです。

目次

デザインリテラシーを理解する必要性

社内調整を敏速に整える効果

デザインを発注して出来上がったアイデアから一案を決める際、社内でどれにするか判断基準が不明瞭で決定に時間が掛かる場合が見受けられます。一般的には担当者の判断で決められる場合もありますが、後に社内や上司から異論が交わされ白紙に戻ることも多々あります。

その原因として、担当者などが下した判断基準の根拠が不明瞭のため社内調整が進まずに最後は鶴の一声で判断が覆ることもあります。特にコンペ型式における場合では、見積金額で決められてしまうケースも珍しくありません。社内で上司や経営者の最終承認が必要な場合、論理的な判断材料を提示できなければ決断に時間を要し、全体スケジュールにも影響を及ぼしかねます。

もしノンデザイナー(非デザイナー)の主観でなく理論的な基本のデザインリテラシーを理解していれば、社内の説明も敏速かつ効率的に進められ、更にはデザイナーとの共通言語の確立により適格な議論でより納得のいく成果物の仕上がりに期待が持てます。

因みに”リテラシー”の一般的な意味とは、特定分野のノウハウの「活用能力」と言われています。本サイトではノンデザイナーがビジネスシーンで平面デザインの良し悪しの判断するための「専門知識」として使用していきます。

良いデザインを判断するための平面デザインの3要素

非デザイ担当者が、がデザインの見立て方において知っておくべき基本的なデザインリテラシーにおける平面デザインの3要素を解説していきます。

デザインの一般的な理解を深めるために非デザイナー向けにデザイン原則を解説した「ノンデザイナーズ・デザインブックの書籍では、4つのデザインの基本原則として、”コントラスト“、”近接“、”反復“、”整列” を解説しています。

この記事では、制作におけるデザイン知識ではなく、平面構成の良し悪しを判断することに特化した「デザインコンセプト」、「レイアウト」、「コントラスト」の3要素に絞り平面デザインの評価となるポイントを整理していきます。

デザイン判断基準の3要素の1つ目は、デザインの方向性を言葉で表すデザインコンセプト、2つ目は適切な伝達手段であるレイアウト(配置)、そして最後は情報構造の優位と視線を惹きつけるリズムを施すコントラスト(強弱)の3点です。

スクロールできます
平面デザインを判断するための主な3要素役割
1. デザインコンセプトデザインの方向性を言語化
2. レイアウト(配置)理解を促す伝達手段としての情報配置
3. コントラスト(強弱)視線誘導を促す躍動感を生み出す

1. 「デザインコンセプト」

企業の想いを示す “言葉のデザイン”

ロゴマークやWEBサイトのデザイン提案などにおいて一般的な初期デザイン工程の流れでは、1.ヒアリング2.デザインリサーチ3.コンセプト設計がデザインを始めるための初期準備があります。(※競合コンペなど提案までの時間が短期間の場合、1.ヒアリング、2.デザインリサーチは短縮され経験による仮説でコンセプト設計を行うことがあります。)

具体的にはヒアリングで要件を整理し、デザインリサーチで競合他社や間接的に繋がる業界のデザイントレンドを整理し把握しながらコンセプトをあぶり出します。

必要に応じて想定ターゲットに対する確認も行います。これら内部要因(要件定義)と外部要因(市場トレンドなど)を鑑みてデザインの方向性である「デザインコンセプト設定」を進めます。

既に企業のロゴなどのVI(ビジュアル・アイデンティティ)や企業ビジョンを表す配色などのCI(コーポレート・アイデンティティ)が既に存在していても、デザインする媒体の特徴や目的に合わせたデザインの方向性(スタイル)の擦り合わせが必要となります。

洋服に例えるならスーツでも冠婚葬祭の場面やビジネス、カジュアルな会食などの状況や場所に合わせたスタイルが求められるのと同じように、媒体や目的に合わせてたデザインのコンセプトである方向性をデザイナは考案します。

デザインについてはこのWEBサイトでも伝えてきましたが、単なる表層の装飾では無く、企業の想いや目的に合わせて適格に伝達する手段であり課題解決のための施策でもあります。

どの様な意図で配置や配色、またはフォントなどの形状要素を利用しているかは、言語化されたコンセプトに基づいてデザインの設計が施されます。

つまりこのコンセプト内容を比較・検討することでデザインの意図を把握できます。そのため競合プレゼンなどでは、各デザイン会社にデザインコンセプト(コンセプトシートなど)の説明をしてもらうことを勧めます。

より深く錬られた課題解決としてのデザインか、指示通りな表層の装飾性に傾倒したデザインかの判断がここで出来ます。

特にWEBデザインの現場は急激に発展したため人材の質も様々で、指示された通りに成形したりまたは感覚的なデザインを得意とするデザイナーも見受けられました。

またプログラム的な専門性も昨今のWEBデザインには必要となりプログラマーでWEBデザインも兼任する場合もありえます。いずれの場合でも言語によるデザインコンセプト設定を施すアートディレクターなどが居れば勿論、問題はありません。

提案されている “言語化されたデザイン” を確認し、方向性が企業の伝えたい想いに合致しているか、新たな方向性の斬新な提案であるかはそのデザイン背景を論理的に言語で説明された内容を理解することでデザイン自体を見ずともデザインの見立て(判断力)を最初に整えることが可能になります。

2. 「レイアウト(配置)」

視線の誘導と情報把握や理解を助ける基本システム

平面デザインの場合、読み手に自然な視線の誘導を施すことが重要となります。良いデザイン配置の基本は、媒体ごとの特徴を理解し情報レイアウトを設計することです。

昨今はスマホのアプリケーションなどインタラクティブ要素の操作を行うナビゲーションにおけるユーザーインターフェース(UI)設計などは、行動心理学をベースに情報設計(インフォメーションアーキテクト)の専門知識を用いて配列を理論的に決定していきます。

レイアウトの基本としてデザイン要素の整列においていくつかの原則があります。書籍や雑誌であれば、文字を読んで貰う為の縦組み横組みなどがあるのはご存じのことと思います。

WEBサイトにおける文字組は横組みが一般的ですが、これはひとの眼の自然な動きを取り入れて「Zの法則(Zの流れ)」と「Fの法則(Fの流れ)」が存在します。

人間の眼は水平に横並びになっているため、情報を把握するにあたり眼は左右水平の動きが自然であることからこの法則が唱えられました。

例えばWEBサイトの場合、ロゴの配置は一般的に左上に置かれているのはZ型でもF型も情報を読み取る視線の基点が左上となり、注力されやすい重要な場所(フォーカルポイント)にサイトの看板となるロゴなどの要素を配置します。

レイアウトの原則で、視線の自然な流れを生み出す、情報検索の「Zの法則」と詳細内容の理解を行う「Fの法則」が存在する。
WEBサイトにおける代表的な2種のレイアウト例

平面デザインにおけるレイアウト(配置)の目的を、視認性を高めて情報を適切に伝達するための情報構成とここでは定義します。ノンデザイナーの方々が判断するために知っておくべき基本の配置(レイアウト)の原則の中で、「2.1. アライメント(整列)」、「2.2. グループ化(近接の関係性)」、そして「2.3. スペース(余白)」の3つを説明します。

この3要素を知識として持っておくだけでもでノンデザイナーが客観的にデザインの判断に役立つ観察力を補う効果を期待出来ます。

2.1. アライメント(整列):一貫性を持たせ視認性を高めバランスとリズムを生み出す

文字組みにおいては、左揃え右揃え中央揃え左右均等の4種類の型があり左揃えが一般的によく使われます。左揃え以外は、平面構成に動きを持たせたり装飾的に画像などと並べて利用する時に利用します。

特に中央揃えは、装飾として目立たせたいコピーや引用する文章などの掲載やポスターやチラシなど装飾として動きを出したい時やキャッチコピーなどを中央揃えにして目立たせることもあります。

また写真や図版を文章と並べて掲載する場合には文章ブロックの側面を面(ツラ)と呼び、この並びを合わせさせるガイドラインとなる見えない整列線を活用して配置を整えていきます。

ポイントは読ませる文字組の面(ツラ)合わせは媒体ごとにガイドラインを統一させることで視線の導線を自然にし可読性を維持することです。

レイアウトの原則で、可読性を高める文字揃えと視認性に配慮した配置のシステムが存在する。
デザイン要素を揃えることで、視線の流れを安定させ視認性や可読性を高める。

それに対して写真や図版などは平面にリズムを生み出す要素として左右に振り分けるような配置の工夫も施します。見る側にどのような印象を持たせたいか、前述のデザインコンセプトを基にデザイナーは配置のデザイン(設計)を施していきます。

参考までにレイアウトの専門用語で垂直配置を「カラム(段組)」と言い、さらに各要素間の空きなどの整列の格子状のガイドラインを引いた配置設計を「グリッドシステム」と呼び統一した平面整列や配置合わせに利用します。

これら配置の仕組みにより、統一したバランスある美しいレイアウトが可能になります。昨今はスマフォ画面は縦スクロールを意識したシングルカラムが主流で、単調になりがちな見た目をテキストや画像の配置でリズムを与え視線を惹きつける工夫が施されています。

良い平面デザインには、この目に見えない整列システムが施され無意識に感じとれる統一と心地よいリズム感のバランスを持っています。

2.2. グループ化(近接の関係性):距離による類似性の訴求

心理学で人間の知覚の傾向を示した「ゲシュタルト原則」では、複数の個の要素からなる一連の情報をひとは全体から認識しパターン化する知覚の癖があると言われています。この知覚の癖を利用し配置設計を行うと受け手に誤解の少ない適格な情報伝達が施せます。

そのゲシュタルト原則の中でも近接の関係性では、近くにある複数の要素はグループとして認識される傾向が有ると言われます。

例えばWEBサイトの平面デザインでは、操作を司るメインナビゲーション要素は近い位置に配置しグループ化させることで視認性と操作性を高める工夫が施されています。

特に文字組においては、例えば見出しと本文の間の距離を近く配置し他の段落と区分けする工夫など余白を利用して情報のグループ化する文字組の原則として活用されています。

同種の要素は視覚的に近くに配置することで、自然とグループ認識され情報構造が明晰になる。

2.3. スペース(余白):デザインコンセプトを支える空気感と余韻

余白はデザイン要素の周辺や間隔スペースを指し、この空間が少なくなれば密集が発生し印象が変化していきます。先ほどの近接の関係は意図的にこの密集を作り情報の区分けをするグループを構築し情報取得の視認性を高めました。

空間を広くとると密集性が緩和され開放感が生まれる反面、空間バランスを誤ると間延びした不安定な印象も発生してきます。特にノンデザイナーの方は、余白に情報を過剰に詰め込み視認性が損なわれる状況を多く見受けられます。

近接の関係性と同じく余白は情報を区分けすることで関係性や空間のバランス感覚をもたらします。プロのデザイナーはデザイン要素間の余白間隔を統一するだけでなく、情報の関係性や優劣を考慮したデザイン構成(視線の流れ)を平面の比率などから構図やバランスを考えます。

見やすく良いデザインには、バランスを保った空間演出が施され余白の使い方を巧みに活用しています。

レイアウトの原則で「余白」の役割は、視認性、可読性、そして平面から感じる感情を生み出す印象を操作する。
一貫性ある適切な余白を持たせることで視認性を高めて、明瞭な情報の構造化を可能にする。

それではノンデザイナーの方が具体的にデザイン構成のバランスを判断をする時に役立つ手法を紹介します。それはデザイン全体を情報要素の固まり単位として認識する方法です。

具体的には、眼を半分閉じた薄目の状態で引いた位置からデザイン全体を眺めます。こうすることでテキストや画像などデザインの詳細な要素がぼかされ情報の固まり単位で捉えられ、情報配置のバランスが確認しやすくなります。

この方法は、留学時に米国のデッサン授業で構図を確認する技法として教わり、一人でもデザイン構成を確認する際に利用してきた方法です。

この方法でデザインを確認すると、余白の統一が施されているかを確認するのは勿論、意図的にアシンメトリー(非対称)に配置された場合の要素ごとのバランス関係や視線の流れがどの様に組み立てられているかなどデザイン詳細に囚われること無く構図全体を把握しやすくなります。

デザインを全体構成で捉え直すことで、構図の良し悪しにおける見立てを客観的に判断することが可能となります。

3.「コントラスト(強弱)」

視覚による情報階層の優位性や躍動感を演出

平面デザインとは前述したように、伝えるべき情報をどのように伝達するか情報構造の設計とも言えます例えば文章の場合、見出しと本文のフォントサイズや太い書体にすることで視線を引きつけ本文へ自然に誘導する仕組みを施します。

更に色を利用し重要な要素を強調することもありますが、デジタル環境では色弱のひとの利用しやすさを考慮したアクセスビリティの観点からは色だけに頼らずに形状でも目立たせる工夫が求められています。

また図形などのマークを見出しや背景にアイキャッチとして利用することで、空間にリズムを植え付け視線を自然に誘導させます。

レイアウトの原則で「コントラスト」の役割は、情報に視覚的なメリハリと優位構造を表し視線の誘導を自然に行う。
強弱(コントラスト)とは、どの順番で情報を捉えるかを自然に伝えるためのナビゲーションシステム。

これら大きさ、形状、色を駆使して情報の優位構造を整理して視線を自然に誘導しながら伝えたいメッセージが適切に伝わる仕組みを構築するのがデザイナーの役割に成ります。

ノンデザイナーとしてデザインを見極める際には、情報の優劣や順位が視覚的に確立されているか、視線の誘導の工夫が施されているか確認してみましょう。

このようにひとの心理や視線の動きなどの行動原理を考慮し、「認識のしやすさ」や「明白さ」を損なわれないように配慮することはデザインにおける基本であり、レイアウト(配置)はこの基盤であり原則が存在します。

この平面デザインの原則は普段の資料作成にも意識してみるだけで読みやすさや伝達力を増すことができます。感性や感覚に頼らない伝達手段としてのデザインリテラシーは、誰でもビジネスを更に活性化させる知識でもあると信じます。

まとめ:感性でない伝達手段としてのデザインリテラシー

今回はデザインの良し悪しを判断する「見立て方法」を3つのポイント:1.デザインコンセプト2.レイアウト3.コントラストに絞り解説しました。いずれも、適格にメッセージを伝えるための情報整理と優位付けが役割となります。

表面のデザイン要素であるテキストや色彩、形状なども感性でなく情報を意味付けするための役割として考えることで情報設計としてのデザインリテラシーの価値が見えてきます。

良し悪しを判断するノンデザイナーである依頼する側も、客観的にデザインの本質を見抜く基本のデザインリテラシーをまずは知識として知っておくことは重要と考えます。

モノとコトの両方に価値が求められる新たな時代に企業の想いを適切に伝え共感を生み出すために、デザインリテラシーの知識を誰もが身につけることでビジネスにおいて新たな価値や競争力を生み出す力になりえると信じます。

まずはデザインを見極める際の指標としてデザインリテラシーの理解が深まれば幸いです。

参考までに以下に5つのデザイン確認ポイントを最後に掲載しておきます。普段の資料作りや書類作成における平面構成のチェック項目としても役立てて頂けたら幸いです。

まとめ:【ノンデザイナーが知るべき平面デザインの5チェックポイント】
  1. デザインコンセプトは、企業の想いを適切に伝達しえる言葉のデザインとして語られている
  2. レイアウトとは、視覚的な情報優位を構築し且つ自然に視線を自然に誘導する仕組みになっている
  3. デザイン要素を整列する仕組みには、配列システムなどでバランスと一貫性を整えている
  4. 大きさや色彩、形状などで強弱を持たせて平面にリズムを生み情報を構造化し理解を促している
  5. 情報の認識を補う明瞭さなどの機能面と視線を惹きつける感情面を考慮するのが平面デザインの役割

参考情報:デザインの基本を更に知りたい方向け外部サイト&関連書籍

ツイッターやフェースブックのアカウントをフォローを頂くと最新記事を見逃すこと無く閲覧を頂けます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる