アート思考/デザイン思考で失敗しない適切な問いを立てる技術

イメージ画像|アート思考やデザイン思考における正しい問いのデザイン方法とは何かを解説します。
適切な問いをデザインすることは、対話を活発化し新たな気づきの機会が拡がりアイデアの飛躍へと導く。

アート思考もデザイン思考でも、筋の良い問いを立てることが斬新なアイデアを生み出せるかに大きく影響します。川の上流が淀んでいれば下流はさらに濁った水質に陥るのと同様に、初動で筋の良い問い(論点)を立てることが最適なアウトプットを創造するためには重要です。

今回は、アート思考やデザイン思考を通して適切な問いを導き出すための「問いのデザイン」を探索していきます。

目次

問いのデザインとは

適切な問いを見立てるために

解決すべき論点を紡ぎ出す「思考のストレッチ」

以前の記事で“アート思考とは ” で解説したように、アート思考は社会へ提供する価値を自身の内面から見出すことが起点となるのに対して、デザイン思考は対象となるサービスやユーザーの抱える潜在的な価値観を掘り起こし問題解決を行うことが主な特徴です。

動機が内発か外発かは異なるも、観察や現状分析を通してどのような問題を論点として設定をするかは共通する課題です。それは「どう解決する=HOW」よりも、「何を解決するか=WHAT」を深掘りして適切な問いとして設定(=デザイン)することがまずは重要となります。

陥りがちなアイデア出しの失敗例

陥りがちな失敗例として、表層の事象や問題に固執して解決すべき問題の本質に到達できずに期待を下回るアイデアの量産が挙げられます。また、固定概念に縛られて独創性を欠いた予定調和なアイデアに帰結することも。

これを視覚機能に喩えると、焦点が一点のみに合わされた集中型視覚システムの中心視と言えます。これは視野が狭まり表面部分しか捉えられず、さらに執着が生まれる原因にもなります。言いわば、固定概念に囚われて活発な思考が阻まれている状況です。

それに対して視野を広域で捉える周辺視は、中心視だけでは見落とされがちな周囲にある多様な関連情報への気づきも起こりえます。

最初にどの様な問題を解決すべきか課題を周辺視で意識し、既存の問題点や論点に対して多角的で広角な視野で臨むことが必要

「引き」と「寄り」の思考のピント合わせ

この周辺視を活用するために発想を一度、拡げる「発散 : Divergence」と出て来たアイデアを整理する「収束 : Convergence」ステップのセットされた思考プロセスが有効です。

これは「鳥の眼」で可能性の全体像を引きで捉えて俯瞰しながら可能性を拡げて「虫の眼」の寄りの視点で細部を確認し整理するカメラのレンズの「引き」と「寄り」の絞りのように思考を「発散」させ「収束」させる思考の手法です。

適切な問いを導く「思考のストレッチ」図
アイデア捻出の前半「発散」ステップでアイデアの可能性を拡げ後半の「収束」ステップで適切な問いを抽出する

さらに発想を生み出し施策までに落としこむために、この「発散」と「収束」のセットを繰り返す”ダブル ダイアモンドと言われる2段階の思考プロセスもあります。

前半はあらゆる可能性(=What)を探索する「問題設定」ステージ、後半は実施方法(=How)を選定し形作る「問題解決」ステージの2部構成からなります。

問題定義と解決における「発散」と「収束」の"ダブルダイヤモンド"の図
アイデアの可能性を広げる「問題設定」ステージと、その後にアイデアを形作る「問題解決」ステージによる2段階の思考法:「ダブルダイヤモンド」構造

予定調和なアイデアに終わる失敗例では、前半の問題設定のステージで発想が十分に発散できず既存の枠を超えるまでの十分な飛躍が起きないことが原因です。また、早計に解決策に意識を向け先細りの発想を生むことも注意が必要です。

「問いを立てる」ための視野角の拡張

一般的には、多様な観点で対象や事象を観察しながら物事の関係性である因果関係を見極めることが重要だと言われます。内田和成氏の著書で、固定概念や偏見などの主観的認知が妨げの基本的要因と説かれています。

人は誰でも事象を見るときに、知らず知らずのうちに決まった視点で見ている。つまり、自分なりのものの見方をしてしまう。(中略) 陥りやすいのは、だれでも自分の視点に固執しがちで、あるパターンにはまりやすいということだ。

出所:内田和成「論点思考」東洋経済新報社 2010年

つまり「問いを立てる」とは、事象として起きている表層の問題点を見極める分析や鋭い観察で深い洞察を導くような慧眼(けいがん)とも言えます。

例えばビジネス課題として「新規入会数の減少を改善」、「リピート顧客の売上げ減少を回復」などのお題が上がったとします。勿論、組織内の営業目標として間違いではないのですが、このままの論点で議論を進めるのではでなく、さらに掘り下げたり既存の問いに揺さぶりを掛けて論点の視野領域を押し広げていきます。

なぜなら起きている事象をそのまま問題に設定しても、その背景にある因果関係が不明瞭ではありきたりな解決策しか見い出せないからです。

そうならないためにも、事象を俯瞰し視野を拡張して問いの焦点を掘り下げて論点の解像度を深めて新たな「問いの発見」となる視点を導くための思考のストレッチが必要になります。

例えば、「高齢者に継続的に利用してもらうスポーツジムを考える」という課題があるとします。この場合、入会キャンペーン施策や利用頻度を促すプログラム開発にのみ意識を向けるのではなく、「学びから生涯を通したライフスタイルを提供できる環境と地域社会との繋がりを提供する場作り」など、スポーツジムのあるべき姿を再定義してみます。それにより、想定を超える新たな発想の枠組みを見出すことに期待が持てます。

独創的な問いを立てる工夫の一つは、論点をあらためて問いただし、着想の視野を拡げ発想の枠組みを変える

視点・視座・視野を説明したイラスト図:円錐を捉える視点の位置で見える形状は変化する
視点の位置(視野や視座)で見える形状(円錐)は変化する視点・視座・視野の説明イラスト例

気づきを導く方向性としての仮説設定

デザイン思考の初期プロセスにおいて、いきなりユーザー調査やインタビューなどの観察から現状把握を行う前に、まずは「仮説設定」を基に方向性を見据えた上で効率よく対象の観察作業を進めて気づきを導きます。

もし「仮説設定」を行わずに漠然とした状況で観察活動を行っても、観察すべきポイントが曖昧な中では範囲が拡がり過ぎて時間を必要以上に要する事態に陥ります。

また、仮説の検証を繰り返すことで思い込みや固定概念から抜け出す仕組みになります。つまり、仮説の検証で新たな「問い」を立てる状況を設けることで既存の枠組みの外側から思考する意識を作り上げます。

発想を揺さぶる「問い」と「仮説」で検証サイクル

「仮説設定」では、個人の経験や知見に依存するため「問い」から開始して「仮説設定」を導く流れも念頭に置きます。ただし、どちらのアプローチから始めるかは特に重要ではありません。あくまで、どの状況からも発想に揺さぶりを掛けられる検証サイクル で思考停滞の壁を突破することが重要です。

観察における「問い」と「仮説」を繰り返して発見へ導く検証サイクルの図例
観察の構造と検証サイクル図例

まずは「誰のどのような課題を解決するか」、対象を明確にしながら仮説を立てその先に潜む気づきを見出すことに集中します。ポイントは、初期に立てた仮説自体には固執せずに論点を拡げて探索することです。そして、対象に対する興味関心や課題解決への情熱が発想力の源泉 であることを留意しておきます。

仮説設定はあくまでアイデアの踏み台とし、固定概念や執着から解放し新たな気づきを探索する柔軟な観察眼の維持を心がける

思考の余白による発想の連鎖反応

仮説を基に観察を行う内にいくつかの新たな気づきに出会う事があります。その気づきに対して繰り返し自問を繰り返すことで論点をさらに精製します。

例えば、問いの切り口を抽象化することで新たな問いへと展開し新たに論点が生まれる切っ掛けを導きます。その際に初期仮説はあくまで問いを導く誘い水として活用して新たな問いに集中します。

なぜ問いの切り口を抽象化するかというと、抽象化による俯瞰視することでアイデア発展の余白を設けておくためです。初期の問いにおいては、「広げすぎずも制限しすぎない」状態で発想の連鎖反応を起こす可能性を残しておきます。

また思考プロセスを放射状に視覚化するマインドマップなどのツールを要いることでアイデア出しの効率化も期待が持てます。

具体的には、仮説をマインドマップの中心に据えてそこから放射状に関連情報を書き出し、新たな仮説を思いついたら次はそれを中心に新たに再考します。

マインドマップの利用メリットは、視覚的に初期の仮説を時系列に扱うことで、新たな気づきや発見に自然に集中しアイデアへの固執の回避と発散の両立が可能となる点

この「仮説設定」>「観察」>「問い」>「気づき」のプロセスはアート思考の場合では、ビジョンなどの創出にも役立ちます。またデザイン思考の場合には、解決すべき課題の柱として方向性を定めて観察と問いを繰り返しながら洞察を深めて創造へ繋げます。

質の高い「問い」は、新たな価値や斬新なソリューションを創造するためのサーチライトの役割となる

問いを導く基本準備

着想の引き出しを蓄積する

アート思考は、自己内部の観点(=内観)から周囲へ新たな問いを見出すプロセスとも言えます。アート思考を利用して新規ビジネスを立ち上げようとして、なかなか斬新なアイデアにたどり着かない場合、動機が不明瞭であったり、問題意識と自身の思いが密接でないことが考えられます。

自分がどのような物事にこころが動くかを言語化した疑問のストックを日頃から用意しておくことも役に立ちます。あのレオナルド・ダ・ビンチも、生前に約8,000ページもの「ダビンチ・ノート(手稿)」を残すメモ魔と言われ多くのアイデを常に書き残していたと言われています。

Studies of Embryos by Leonardo da Vinci (Pen over red chalk 1510-1513)
Leonardo da Vinci, Public domain, via Wikimedia Commons

日頃から問題意識を抱いていると、意識することで視野角を無意識に拡がる状態が起こります。それは、まるで関連する情報の方から自然と舞い込んでくる感覚で情報収集が手軽に行えるような状態です。

またストックした情報を定期的に振り返えり、気づきとしての情報のアウトプットを見直し整理をすることで情報鮮度の管理が可能となり情報の連鎖による新たな情報の拡充に期待が持てます。

普段から何か引っかかる物事:「驚き」、「納得」、「不満」、「違和感」などの快・不快を意識しなぜそう感じるか「意識する」ことが新たな問いを立てる第一歩となる

マインドマップのスマホアプリに日頃から感じる感情を言語化して問題意識の種をメモ代わりにストックしておきます。今では自動で音声データを文字起こしするアプリなどもあり、どこでも手軽に記録を残せます。

文字に起こして視覚化しておくメリットは、反復し見返すことで新たな気づきを得る効果も期待できます。続けるコツは、スマホによる隙間時間の有効活用です。

「問い」の立て方

観察対象の違い

アート思考における観察対象は社会や日常の環境にて、自己内部から湧き上がる思いから始まります。つまり、自分を取り巻く社会に対する思いが事業のパーパスであり、日常に抱く疑問や違和感が新たなアイデアの起点となります。

一方でデザイン思考における観察対象は、課題解決における既存ユーザーなど他者です。その他者の視点で世界がどの様に映るかを把握し共感することがポイントになります。

観 察アート思考デザイン思考
対 象自身の内側から感じる日常や世の中ユーザー(対象者)の課題
目 的自己起点から日常の違和感や疑問を抱く対象者の潜在意識にある価値観の把握・共感
アート思考とデザイン思考の「観察」から問いを精錬する際の違い

「問題創造型」と「問題解決型」

ここではアート思考とデザイン思考で問いを立てる実践法を整理していきます。冒頭でも伝えたようにアート思考とデザイン思考では、プロセスの最初の観察する対象は自己(内面)他者(外部)で異なります

アート思考の場合では、直感(WANTS起点)を大切にしますがクリティカルシンキングの併用で客観的な観点から自身のビジョンを検証しアイデアを鍛錬します。それは、強靱な鋼を作り出すために熱い鉄を繰り返し打ち込むように自問を繰り返す自己切磋の行為であり、問題創造型の問いと言えます。

デザイン思考では、主に既存の自社資産(=SEEDS起点)や流用によるビジネス展開(=NEEDS起点)において、改善すべき問題点の把握や解決を行います。その場合、「問い」は対象者の潜在的な価値観の把握であり共感です。

つまりデザイン思考は、観察や傾聴から紐どいた潜在的な価値観を理解する共感行動と市場考察に対するロジカル思考の併用で施策の整合性を検証しつつ問題解決型の問いを行います。

イノベーション開発におけるアート思考とデザイン思考の相対関係
参考:アート思考とデザイン思考の関係

もちろん、この2つのアプローチが重なり合う状況もあります。既存サービス(SEEDS起点)の改善から価値の再定義による問題を新たに発見するビジネスの進化です。

かつて、米国の鉄道産業は主にひとやモノの輸送業が主な提供価値としか捉えることができずに、旅客機の旅行産業への参入により物量やその速度による利便性の前に衰退した背景がありました。

表層的な問題だけを改善しても、勢いを有す新興勢力に太刀打ちはできません。既存サービス(SEEDS起点)や市場考察(NEEDS起点)と合わせて、既存価値の再定義(WANTS起点)を合わせた発想として、アート思考がデザイン思考と合わせた状況で自社アセットの進化型ビジネスを発動させることもイノベーション開発には必要となります。

問題の本質は「改善」にあるか、新たな活路を見出す「創造」にあるか、またその両用となるかは問いの立て方次第で異なり、適切な問いを立てることがビジネスの生存競争を左右する

「問い」を深める2つの手法

1. 5Whys分析

問題改善型アプローチ

トヨタ自動車が社内で実施している原因究明や改善分析の手法である「5 Whys分析(通称:なぜなぜ分析)」があります。問題が起きたときに「なぜ?」を5回ほど繰り返して問うことで問題の本質を深く掘り下げて洞察を導く手法です。

5回ほど自問自答していくことで目の前の事象が深掘りされ、徐々に因果関係や問題の原因が構造化されて本質が顕れてきます。

本来のなぜなぜ分析の目的は、現場で起きた問題の解決手段を導く分析手法でが、この手法を利用することで問題の本質へ掘り下げることが期待できます。

5Whys分析の注意点は、個人の感情や思い込み、また具体性のない事象(推測)を論点に据えないことが挙げられます。

起きた事象に集中し思い込みになる「推論」や「推察」を避けて、原因やその構成となる要因を整理した上で解決策を見出していく

デザイン思考において、問題解決の手法としてそのまま利用が可能です。アート思考の場合は、あくまで創造的な発想を導く為の洞察を深める手段として「5Whys分析」を活用します。

その場合は、回数には固執し過ぎずに自問自答の工程を繰り返しながら着想の飛躍に意識を集中させます。

2. アプリシエイティブインクワイアリー(AI問診法)

ポジティブ心理学のアプローチ

アプリシエイティブインクワイアリー(AI問診法)とは、関心や強みなどポジティブな側面に対し問いかけながら潜在的な可能性を探究し未来に向かう肯定的なイメージを共有し、変化に向かう力を養い成長プランを描く手法です。

その役割を端的に言い表せば、「未来の可能性の解像度を高める」ことです。この心理学の手法は本来、人材開発や組織改革などに主に活用されてきました。

アート思考の場合、漠然とした初期の問いの入口となる快・不快となる要因に対しポジティブな問診手法を用いることで問いの論点や輪郭を明確にするのに役立ちます。

例1:「自分にとってなぜ興味をひかれているのか、その根本の原因は何であるか?」

例2:「「どのようにしたら自分はこのアイデアにもっと夢中で得られるものを見いだせるか?」

ポジティブな感情で自身の内側から湧き上がる気持ちに呼びかけるようにして、問いが先に進むような論点を意識する

アプリシエイティブインクワイアリーの4つのプロセス(4Dサイクル)

STEP
Discovery|発見

関心事項の中心となる価値・強み(ポジティブコア)の探索 :「どのような点を最も面白いと感じているのか?」

STEP
Dream|望ましき未来の姿

そのアイデアにより未来がどう変化するか可能性の描写:「その価値が実現したら社会にどのような変化をもたらせるか」

STEP
Design|実現方法の設計

アイデア実施のための理想と現実を埋める作業:「どのような人材やチームが必要になるか」

STEP
Destiny|行動計画の策定

継続的に取り組むための実行計画を活動内容に落とし込む:「はじまりの一歩をどう行動したいか」

AI問診法は、内発的動機づけであり否定的な固定概念の枠組みから外れて、求める未来の姿に集中しチームの共通目標の維持から能力を発揮する仕組みにあります。課題発見よりも、改善対策やビジョン策定などに適した手法と言えます

まとめ

筋の良い問いで発想を飛躍させる

アート思考やデザイン思考などのアプローチや心構えを学んでも、ビジネスの現場で実践してみて期待した斬新なアイデアを得られない場合、多くの場合は初期の問いの立て方に問題があることを伝えてきました。

繰り返しですが、どんな思考技術を用いても問いの着眼点や切り口が平凡ではそこから導かれる施策はそれ以上に斬新なものに飛躍することは期待できません。問いの立て方次第でビジネス継続の成否が掛かっていると言っても過言ではありません。

まずは、「問いのデザイン」で多角的な切り口で多くの問題点を洗い出します。また仮説を立てる際にも、問題を構造化し論点整理をすることで論理的に仮説立てが行えます。

また注力すべき点は、どのように問題解決(How)することだけでなく、筋の良い新たな問いを発見(What)することです。それにより、少ない情報でも創造的で独創的な発想を導くことも可能となります。

まとめ:失敗しない独創的な問いをデザインするとは
  • 与えられた課題と論点は複眼で捉えて新たに「問い」を深掘りし思考をストレッチする
  • 視座を高めて大局的に事象を俯瞰したり視野を広げて問いを掘り下げたりして論点を研ぎ澄ます
  • 初期仮説から問いを繰り返して抽象化しながら思考を跳ね上がらせる余白を持たせる
  • 洞察が浅く論点が鈍い状態ではそこから生まれてくるアイデアはそれ以上に斬新なものには成らない
  • どのように問題を解決するではなく、どんな問題を解決すべきかを意識することが斬新な発想へ繋がる

参考文献

ツイッターやフェースブックのアカウントをフォローを頂くと最新記事を読み逃すこと無く閲覧が頂けます。

イメージ画像|アート思考やデザイン思考における正しい問いのデザイン方法とは何かを解説します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次