アート思考/デザイン思考で失敗しないための正しい問いの立て方

イメージ画像|アート思考やデザイン思考における正しい問いのデザイン方法とは何かを解説します。
良質な問いをデザインすることは、対話を活発化し新たな気づきの機会が拡がり跳ね上がるアイデアへと導く。
URLをコピーする
URLをコピーしました!

アート思考もデザイン思考も、筋の良い問いを立てることができるかで斬新なアイデアが生み出せるかに大きく影響します。川の上流が淀んでいれば出口の下流は更に濁った水質に成るのと同様に、開始時に良い問いを立てることが良きアイデアの創出に大きく影響します。今回はアート思考やデザイン思考を通して正しい問いを導き出すための具体的な問いのデザイン方法を整理していきます。

目次

「問いのデザイン」の意義

以前の記事で“アート思考とは ” でも解説したように、ビジネスシーンで活用するアート思考は、自己対話を通して日常や社会へ新たな問いを立て価値創造を行うのに対して、デザイン思考は他者を対象に据えて潜在的な問題を発見し課題解決を行うことが主な目的です。対象は異なるも観察を通してどのような問題設定をすべきかを見据える行為は共通します。

問いの立て方によって、導かれるアイデアの方向性は変わります。表層の問題に執着してしまうと本質に到達できずに予定調和の解しか生み出せないように、方向性を見誤る可能性も出てきます。

様々な角度で問いを立てることで発想が活発化し新たな探究の機会が生まれ、問いを介して認識を改めたり物事の関係性を再構築することにもなります。

別の視点から「問いを立てる」工夫

人は誰でも事象を見るときに、知らず知らずのうちに決まった視点で見ている。つまり、自分なりのものの見方をしてしまう。(中略) 陥りやすいのは、だれでも自分の視点に固執しがちで、あるパターンにはまりやすいということだ。

引用元:内田和成「論点思考」東洋経済新報社 2010年

クライアントからプロジェクトに対する提案依頼を受ける際に、ビジネスにおける課題を確認すると良くあるのが「新規会員を増やすため」、「売上げを上げる」など漠然としたお題を頂くことが良くあります。

クライアント側の担当者においてはそれが社内での目標設定でもあるので致し方ないのですが、斬新なアイデアを創出するためにはそのまま進めるのでなく、何がどういう点で問題かを更に問いを深め思考の領域を広げる必要があります。

つまり、論じるテーマ(お題)のまま進めるのでなくその原因の背景を掘り下げ、問いの領域や思考の軸に変化を持たせることも重要になります。

事象をそのままテーマにして問いを立ててもその背景にある因果関係が曖昧で予定調和な答えしか見いだせないことがあります。ポイントは、視座を高めて大局的に事象を見たり視野を広げてから問いを掘り下げたりして論点を研ぎ澄ますことです。

例えば「高齢者に楽しんで継続的に活用してもらうためのスポーツジムを考える」という命題が有る場合、「学びや運動から生涯を通したライフスタイルの提供」などライフスタイルの再考へ問いの間口を広げたりして新たな方向性に繋げて問いを深化させます良い問いを立てることは、視座を高めて大局観を持ち論点を深めながらユニークな発想へ繋げることができます。

視点・視座・視野を説明したイラスト図:円錐を捉える視点の位置で見える形状は変化する
見据える対象物は、視点の位置で見える形状が変化する。

気づきを導く方向性としての仮説設定

またいきなりユーザーリサーチや観察を開始するのでなく、まずはたたき台となる仮説を基に疑問を繰り返し新たな気づきを誘発するための探索を開始します。

仮説設定を行わずに漠然とした状況で観察活動を行っても観察の方向性も曖昧な中では観察情報が拡がり過ぎて洞察を深める切っ掛けを見失ったり、ありきたりな問いから飛躍できない場合があります。

まずは問いを深めるために「誰のどのような課題を解決するか」主体を明確にし簡易的な仮説を用意し、その先に潜む気づきを見出していくことに集中します。注意点は仮説に固執しない点です。初期仮説はあくまで踏み台とすることで、固定概念や執着から解放された気づきを探索するために利用します。

問いの切り口と抽象化

仮説を基に観察を行う内にいくつかの新たな気づきが出てきます。その気づきに対して疑問を繰り返すことで真の問いを発見することがあります。

その深められていく切り口は抽象化し新たな問いのデザインへと発展させます。この抽象化することで論点が新たに生まれる切っ掛けになります。仮説はあくまで問いを導く誘い水として活用し、新たな問いの方向性が現れたら過去のものとして新たな問いに集中します。

具体的には頭の中で連想する思考プロセスを放射状に視覚化するマインドマップなどのツールで新たなアイデアを中心に据えることで、視覚的に過去の仮説として扱うことで次の気づきや発見に集中する工夫も施します。

なぜ抽象化するかというと俯瞰することでアイデア創出のための斬新で鋭い切り口となり得る余白を設けておくためです。良い問いとは、「広げすぎずも制限しすぎない」そして発想を連鎖反応させる余白を維持しておきます。

この「仮説設定」>「観察」>「気づきの精製」>「取り組むべき問いを立てる」流れは、アート思考の場合は行動の指針となるビジョンなどの意味の創出に至ります。

デザイン思考においては、解決すべき課題の柱としての方向性が定まり更に観察を施して洞察を深めてソリューションのアイデア捻出に繋げます。質の高い問いが意味の再定義や新たな価値、そして斬新なソリューションを導く遠方まで照射し導くサーチライトの役目となります。

アート思考とデザイン思考で真の問いを精製する方法

純度の高い問いを精製する観察力

ここでは各思考法に基づいた問いを洗練する方法を整理していきます。アート思考とデザイン思考でプロセスの最初の観察対象は、自己(内面)と他者(外部)と異なります。共通事項は、固定概念に囚われない気持ちで観察しながら問いを繰り返すことで論点を鍛錬し本質を見出していきます。

ポイントは、初期の問いのままでは思い込みなどで平凡な視界しか開かれてない場合もあり、問いを繰り返す内に視野が広がり深い洞察にたどり着くことを目指します。

アート思考の場合は直感も大切にしますが、ただそのまま受け止めるのでなくクリティカルシンキングなどの活用で客観的な観点からも確認しながらアイデアを育成します。それは強靱な鋼を作り出すために熱い鉄を繰り返し打ち込むような自問行為と言えます。

問いを深める2つの手法

1. 5Whys分析|問題改善型アプローチ|

トヨタ自動車が社内で実施している原因究明や改善分析の手法である「5 Whys分析(なぜなぜ分析)」があります。問題が起きたときに「なぜ?」を5回、繰り返して問うことで問題の本質を掘り下げていく手法です。5回も自問自答していくことで目の前の事象が深掘りされ、徐々に構造化された因果関係や問題の原因を追跡します。

この手法を利用することで、表層に現れて居ない深い問題の本質へ掘り下げることが可能となりますが、5Whys分析の気をつけるべき点として、対象になる問題に具体性がない、個人の思い込みや事象を論点に据えないなどが挙げられます。

本来のなぜなぜ分析の目的は、現場で起きた問題の解決手段を導く分析手法です。あくまで起きた事象に集中し思い込みになる「推論」や「推察」を避けて原因やその構成となる要因を洗い出し整理して解決策を見出していきます。

デザイン思考においては問題解決の手法として利用可能ですが、アート思考の場合はあくまで創造的な問いを導く為に洞察を深める手段として「5Whys分析」を利用します。注意点は、繰り返す回数は気にせずに問いを繰り返して自問自答しながら問いの段階を深掘りさせていきます。

ポアプリシエイティブインクワイアリー(AI問診法)|ポジティブ心理学のアプローチ

アプリシエイティブインクワイアリー(AI問診法)とは、関心や強みなどポジティブな側面に対し問いかけながら潜在的な可能性を探究し未来に向かう肯定的なイメージを共有し、変化に向かう力を養い成長プランを描く手法です。その役割を端的に言い表せば、「未来の可能性の解像度を高める」ことです。

このポジティブ心理学の手法は本来、人材開発や組織改革に主に活用されますが特にアート思考の場合、漠然とした初期の問いの入口となる快・不快となる切っ掛けの題材に対しこのポジティブ心理学の問診手法で問いの内容や輪郭を明確にするのに役立ちます。

ポイントは、ポジティブな感情で自身に対して内側から湧き上がる気持ちに呼びかけるようにして問いが先に進むような問題設定を意識します。

例:「自分にとってなぜ興味をひかれているのか、その根本の原因は何であるのだろうか?」「どのようにしたら更に自分はこの問いに対してワクワクしながら大きな学びが得られるか?」

アプリシエイティブインクワイアリーの問いかけの、4つのプロセス(4Dサイクル)。
STEP
Discovery|発見

関心事項の中心となる価値・強み(ポジティブコア)の探索 :「どのような点を最も面白いと感じているのか?」

STEP
Dream|望ましき未来の姿

そのアイデアにより未来がどう変化するか可能性の描写:「その価値が実現したら社会にどのような変化をもたらせるか」

STEP
Design|実現方法の設計

アイデア実施のための理想と現実を埋める作業:「どのような人材やチームが必要になるか」

STEP
Destiny|行動計画の策定

継続的に取り組むための実行計画を活動内容に落とし込む:「はじまりの一歩をどう行動したいか」

この手法のメリットは、内発的動機づけであり否定的な固定概念の枠組みから外れて、ありたい未来の姿に集中しチームの共有目標による実現意思を維持しながら能力を発揮する仕組みにあります。

問いを立てるための準備

問題意識で視点の引き出しを増やす

アート思考の本質は、自分なりの観点で答えを見出すプロセスです。いきなりアート思考を利用して新規ビジネスのビジョンを立ち上げようとしても、対象となる課題の見つけ方が分からないとの質問を受けます。

常日頃から自分がどのような物事にこころが動くか自己モニタリングで振り返りつつ、それを言語化した情報のストックを日頃から意識しておくことも役立ちます。

普段から何か引っかかる物事:「驚き」、「納得」、「不満」、「違和感」などの快・不快を意識しなぜそう感じるかを考えることが問いを立てる第一歩になります。

例えば日記やマインドマップなどに感じることを言語化して普段からメモ化してアイデアの種を貯めておきます。今ではスマホで音声メモやそれをテキストのメモとして自動で文字起こしするアプリなど手軽に記録を残せる手段もあります。

更に文字に起こして視覚化しておくことで後に見返して新たな気づきを得る効果も期待できます。ただ義務になら無らずに自然に出来るレベルで行います。

因みに問題意識のアンテナを常に高くしておく意識だけでも自然と情報の方に目がいくようになります。その中で頭に残るものが出てきます。その関心のコアに関係する情報のみを収集、もしくは頭の隅に記憶するだけでも十分です。ポイントは、常に問題意識を持ち続けるマインドセット(心構え)です。

ものの見方、考え方を鍛える

またアート思考のセミナーなどでは、多用な視点や他人の視点を理解するためにデッサンを実技として行うことや美術鑑賞で自己対話による感性を刺激することも推奨されてきました。

デッサンを行うことに抵抗や絵画を鑑賞する時間が無い方などは、上述のような自己対話を目的とした日記やメモ作成で自己モニタリングで観察力を養い「アイデアの種」としてテーマを貯めておける方法がお奨めです。

ちなみに個人では、ヨガのトレーニングを通して自分の心身の状態に向き合い自己対話と俯瞰し自分を見つめる視座を意識した自己モニタリングでものの見方を鍛錬しています。情報の引き出しのストックを増やすことは大切ですが、手段が目的にならないように気を付けます。

アート思考やデザイン思考で洞察を深めるために

アート思考/デザイン思考においては、普段より世の中の動向や流行を見聞きした際に何故、流行っているのかを推測したり別の市場と共通事項は無いか、類推する癖を持っていると自然に知識を繋げて増やせる「知識の連鎖ストック」が出来きて観察時の洞察を深めることに利用できます。

ニュースなどを参考トピックとして、批評をするだけでなく事象の背景を感じ取るような自問を繰り返すトレーニングも問いを立てるデザインの簡単な訓練になります。

またプレゼントを誰かに選ぶ行為も物を選ぶ過程には、分析能力や他人への共感を必要とするため観察力を高める効果を期待できます。ここでのポイントは相手が普段から欲しがっている物や自分があげたい物を選ぶのでなく、相手が明言してはいないが貰って悦ぶ物を想像し選ぶことです。

相手が潜在的に悦びそうな物を考えることは難易度も上がりますが、観察や共感を研ぎ澄まし想像力を必要とするためお奨めします。例えばオーガニック食材に興味があるひとには、エコバックや天然蜜から作ったアロマキャンドルなど関連する商品を連想することで、類推力を活かし関連性を紡いで選択肢を増やす工夫などは観察力を高める実践的な訓練と考えます。

観 察アート思考デザイン思考
対 象自己モニタリングで内側から感じる日常や世の中ユーザー(他者)の課題
目 的見落としがちな違和感・当たり前へ疑問を抱く無意識下に存在する感情を読み解く
準 備日頃から世の中に対する疑問や違和感を言語化する類推を実行する癖とそれを支える幅広い情報の蓄積
アート思考とデザイン思考の「観察」から問いを精錬する際の違いと共通事項

まとめ

アート思考やデザイン思考などのアプローチや心構えを学んでも、ビジネスの現場で実践してみて期待していた斬新なアイデアが得られなかったという感想を耳にします。多くの場合は初期の問いの立て方がありきたりで期待するほどアイデアが飛躍しない結果になったと考えます。

繰り返しになりますが、どんな思考技術を用いても洞察力が浅く問いのデザインの着眼点や切り口が普通の状態ではそこから生まれてくる施策はそれ以上に斬新なものへ飛躍は期待できません。つまり問いの立て方次第でプロジェクトの成功が掛かっていると言っても過言ではありません。

問いのデザインを的確かつ斬新な発想や切り口を見いだせるかでその後のアイデア形成に影響が出てくることを意識することが大切です。そのためにも日頃から類推トレーニングなどを意識しておくだけでも良い結果に近づけると考えます。

また普段より情報収集する時に、事実や意見を網羅して問題点を構造化し論点を整理する流れを意識すると良い問いを立てる角度も高まります。

重要なのは問題を解決すること(How)でなく、筋の良い問いを発見すること(What)です。それは球をバットの芯で適格に捉えて柵越えを狙うホームランスラッガーのように、問題の捉え方で解の飛距離が変わるような状態です。

まとめ:失敗しない正しい問いをデザインするとは
  • 与えられたテーマと論点は別に捉えて問いをたてる
  • 初期仮説から視座を高めながら問いを繰り返して抽象化しながら思考を跳ね上がらせる余白を持たせる
  • アート思考では観察テーマを普段より意識して言語化することで繰り返し洞察を深められるアイデアの種を貯える
  • デザイン思考では類推思考を意識して知識の連鎖ストックや創造や妄想を駆使したストーリー化で洞察力を深める
  • 洞察力が浅く論点が鈍い状態ではそこから生まれてくるアイデアはそれ以上に斬新なものには成らない
  • 重要なのは問題を解決することでなく、本質の問いを発見すること

参考文献

ツイッターやフェースブックのアカウントをフォローを頂くと最新記事を読み逃すこと無く閲覧が頂けます。

イメージ画像|アート思考やデザイン思考における正しい問いのデザイン方法とは何かを解説します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる