ビジネスで活かす観察力とは

意識することで変化や兆候などに敏感になり、洞察の足場を生み出す観察力とは
URLをコピーする
URLをコピーしました!

まず「観察」という言葉を振り返ると、表層の形状や背後の文脈や物事の隠れた意味が何かを解読しながら洞察を導き出す意図があります。あらゆるビジネスシーンで活かせる観察力について解説していきます。

目次

はじめに

見ると認識のギャップ

最初に以下の画像を見て、何が描かれているか分かりますか?

見ると認識の違い|トリックアートの見本|観察力とは?
見ることと認識することのギャップの図例

正解は、白い背景に横書きのアルファベットで LIFE と書かれています。これは有名なだまし絵になります。わたしたちは、目に映るモノは見方により認識は変化します。

つまりどの様に見るか目のつけどころによって脳の解釈は変化します。また様々な情報の中から必要な情報を抽出することも重要になります。

これは「見る」という行為には、「認識」との間にギャップが存在することを示しています。この世界で目に映る全ては見方によって異なる解釈になる可能性を秘めることを意識し、ここでは観察能力は必要な情報を収集し繋ぎ合わせる能力と定義して解説していきます。

「見る」とは

「見る」行為の種類

言葉の解釈を振り返る

スクロールできます
WATCH動作のあるものを注意深く視線を向ける
LOOK意識して目を向けたり探す状況
SEE視界に無意識に映る状況
出典:excite英会話

英語で“見る”を指す主な単語には、LOOK, SEE, WATCHなどの単語がありますが意味の詳細なニュアンスが異なります。LOOKは、意識的に視線を向ける意味があります。

SEEは、対象物が自然に視界に入っている状況と理解を表します。WATCHは、2つの言葉より時間的に長く注意深く向かい合って眺める場合(映画や絵画鑑賞など)に利用します。

注意深さで考えるとその順番は、WATCH>LOOK>SEEとなり、観察という意味ではWATCHまたはLOOKのイメージと考えます。

ビジネスにおける観察力の目的と役割

観察と言うと、幼少期などの動植物の観察日記などを思い起こす人も多いかと思います。米国の大学でアートを学んでいた時に人物デッサンの授業で、「目に見える物理的な表層の形状だけを捉えて描写するのでなくその下層にある骨格や人体構造も想像して描きなさい」と教わりました。

日本に帰国して仕事でユーザーインタビューなどを行う時などに、人物デッサンのアドバイスは観察の本質と重なる部分があると気づきました。それは、真相を見定めるには視覚だけでなく複合的な視点で情報収集を行う必要もあるからです。因みに一般的な辞書における観察の定義は次のように記されています。

細かく観察して、細かな物事によく気付く様子、観察の結果を多く得られる様子、などの意味の表現。

出典: Weblio辞書

これら状況の中で「観察力」の目的は観察対象に対する新たな気づきや理解や学びとして、役割として必要な情報収集のセンサーとして洞察を深める情報整理としての足場を築くことになります。

それはまるで断片情報の中から潜在する意味を鉱脈を探るようなダウジング作業とも言えます。※ダウジングとは、地下水や貴金属の鉱脈など隠れた物を棒や振り子などの器具の動きで探り当てる方法。

スクロールできます
目的状況や対象を学習し理解を深める
役割情報収集のセンサー
観察力の目的と役割

観察力の主な3つのメリット

ビジネスシーンにおける観察力を必要とする状況は、主に対人関係における相手の理解や円滑なコミュニケーション、または対象を理解するための学習行為やニーズや予測などリサーチや分析業務、更にはリスク管理など多用な用途に必要とされます。以下に観察力の主な3つのメリットを記載します。

1. 正しい情報を抽出し誤認(ミス)を防止

文章の誤字脱字や誤認などを抑制する

2.対人コミュニケーション能力の向上

場の様子を察したりひとへの気配り

3. 学習や情報整理の向上

特徴を把握したり状況の整理やアイデア捻出の手がかり

観察力の概念

観察力=「観る(探索)」+「気づく(繋ぐ)」

言葉を分解すると文字の通り「観る」と「気づく(察する)」が観察の主な要素となります。言い換えれば、情報を意識して「探索」し「繋ぐ」行為とも考えます。因みに漢字の「観る」は、一般的に注意深く意識して見る意味で使われます。

観察における「観る」とは、視覚情報を中心としつつも五感で感じる全ての情報を対象とした探索となります。そして「気づく」とは、情報を整理する中で想像力や直感、または閃きなど自己内部で断片情報を繋げる行為と言えます。

意識する姿勢の重要性

観察時で留意する点は、先入観を排除し気づきに繋がる情報に集中することです。ここでは情報の網羅性を気にし過ぎる必要はありませんが、視野を広くし自分が感じる物事の全般にセンサーを張り巡らせます。

また意識することで探索センサーの感度も高まり、情報の方から自然に飛び込んでくる感覚になります。ビジネスシーンにおいては、例えば初めて営業先の担当者に会いに行く際、単に自社やサービスの説明に伺う心構えだけでなく、担当者が抱える問題や組織の課題を察することを意識します。

オフィス内の雰囲気や室内の備品など周辺環境までに自然と目が向きそこから何か社内の情報のヒントが見えてくる場合があります。情報は単体では明瞭な意味が見えてこない場合も掛け合わせることで新たに理解を深めるヒント見えることがあります。

このように意識のセンサーを張りめぐらされることで断片情報の中から関連する情報の連鎖が起きます。この連鎖反応を起こすことで個別の情報が整理され気づきへと変化するのです。それが洞察の足場を築き上げます。

「観る」ことの注意点

解釈の自由度と認識の漏れ

脳科学の観点で見る行為とは、視野に入った一次情報を脳が処理を行って本人がその解釈を認知する無意識の行為と言われています。つまり脳科学の観点からは観察とは、脳が認知した内容を意識的に再解釈する行為と言い表せます。

目に入った光をどう解釈するかというのは、この「私」が意図的に行っているんじゃなくて、あくまで「脳」が行っている。「私」という存在は、その脳の解釈を単に受け取っているだけであって、脳が解釈したものから逃れることはできない。「見る」という行為は結構不自由な行為だと思う。

出典:「進化しすぎた脳」池谷裕二 著者 講談社 2007年

視覚に入る全ての情報を自身で判断していては時間が掛かり過ぎるため、経験や知識を利用して脳が先行し情報処理を行う仕組みが脳内に存在します。

例えば野球で打者がボールを打つのも球や球筋の全てを精緻に見ているのではなく、練習などでピッチャーの投球フォームや球が離れる瞬間を予測し打撃に必要なタイミング情報と感覚を学習してバットに当てることが可能になると言われます。

観察でも対象を漠然と眺めるのでなく、意識を集中することで学習効果によりバットに球を当てるような筋の良い観察眼が身に付くようになります。

また最初に紹介しただまし絵のように、同じ対象を見ても人それぞれに感じ方など解釈は異なります。コップに水が半分入っている状態を「半分しか水が入ってない」と悲観主義的に捉えるか、「まだ半分も水が残っている」など楽観主義的に解釈するかは心理状態によっても異なることも改めて認識しておくことは必要です。

参考|認識漏れを起こす選択的注意|「見えないゴリラの実験」

因みに観察を妨げる認識漏れの要因として心理学の観点からは、視野や意識が限定される選択的注意(selective attention)が存在します。意識が一部に集中し過ぎるすると他の状況に気づき難くなることを証明した「見えないゴリラの実験」などが有名です。

この実験では被験者はビデオの中で白と黒の服を着たチームに分かれてボールをパスしている映像を見ながら白服のチームが何回ボールをパスしたかを数える指示が出されます。半数近くはボールのパスを数えることに集中し映像内の異変に気づかけなかった実験結果となりました。※以下が実際の実験映像。(1分22秒)

「見えないゴリラの実験」:被験者は上記の映像を見ながらボールのパスした回数を数えるあまりにその他の変化に気づき難くなる実際の実験映像。

観察における「観る」ことは、脳科学の観点からは意識することで深い認識にたどり着き、心理学の観点からは集中し過ぎて視野が限定されないように俯瞰することも重要になります。つまり意識を集中させつつも、複眼で広角な視野を維持して盲点や視野の狭さに注意する必要があります。それらを防止する方法として絶えず「なぜ?」と自問を繰り返すことで誤認や思い込みを排除して視野の拡張が可能になります。

察するための「気づき」の役割

パズルの一枚絵を再現するように「洞察」の足場作り

断片情報を収集する「観る力」に対して、集積した断片情報から連鎖反応を起こしたり繋がりを見出したりする能力を「気づく力」と定義します。この連鎖を引き起こすための着眼点として、例えば変化の把握は比較的容易ですが兆しやパターンを読み取るには分析の経験や知識が必要となります。

例えば漁師さんには空や雲などの自然の様子から天候の前兆を読む知恵が多く存在するのは過去の経験から生まれるものです。そこで観察における気づきを導く主な観点に注目します。主に、1.変化2.比較3.類似4.傾向などが挙げられこれらを利用して断片情報を整理します。

スクロールできます
着眼点気づきに繋げるポイント
変化異なる様子や違和感
比較質量などを比較
類推類似・共通などの特徴の抽出
傾向形状や繰り返し起こる規則性や法則性の特徴やパターンの把握
気づきを導く着眼点の一例

例えば同僚がいつもと異なる印象に気づく場合、何かしらの変化を受け手は察しています。それが視覚的情報である髪型や服装、あるいは顔の表情や態度、雰囲気などの感情的情報などから感じ取ります。

普段と異なる違和感などの「変化」を察し、更には他のケースから類似する特徴より「類推」することで目に見えない感情や状況を推測しながら対象の理解を試みます。

このように必要な情報を収集・発見するうちに一見、関係ないものが繋がる瞬間があります。これが閃きとなり深い理解へとなり洞察へ導かれるようになるのです。

「気づく力」とは断片情報を繋げて、洞察のための潜在的な文脈を浮かび上がらせて情報を構造化します。それはパズルのピースをつなぎ合わせて一枚の絵を再現するような「洞察」の足場作りになります。

「観察」と「洞察」の関係

「観察」と「洞察」の関係性における一般的な解釈は、目に見える表層の認識とその根底に潜む潜在的文脈の発見という定義が多く見うけられます。例えれば、推理小説や映画で名探偵が細やかな目配り(観察)から推理(洞察)へ繋げて謎を解明していく過程と言い換えられます。

つまり丁寧な観察で情報の収集と整理を行い情報の背景となる文脈が見えることで洞察に繋がる、観察と洞察は同一線上の連続した関係と言えます。その為、鋭い洞察を得るためには観察力は重要な役割となります。

スクロールできます
必要な要素留意点
観察力「観る力」と「気づく力」バイアス排除と情報の精査
洞察力「分析力」と「推測力」背景に潜む文脈の焙り出し
「観察力」とは、細やかな状況把握により深い洞察を導く役割。

観察力がある人の特徴と職業

「好奇心」と「探究心」

自分の周囲やまた自己に対して興味や疑問を抱く「好奇心」は観察力に最も必要な資質です。それは疑問を抱いた後に自分なりに問いに答えようとする「探究心」は「好奇心」によって導かれるからです。

この「何故だろう」という疑問や探究心を持たないひとは、ビジネスシーンにおいては言われるままに仕事をこなす単なる作業者になってしまいます。例えば上司から仮想通貨に関して国内の導入事例を調べて欲しいと頼まれた場合、どう対応しますか?

直ぐに業種・業界関係なくネットで事例を調べてしまうか、その調査の意図を考え確認を上司に質問した上で調査を行う場合では後者の方がより上司を満足させる成果物が期待できます。

ビジネスでは曖昧な指示が上から飛んでくることは良くあることです。できるひとは、日頃から観察力というアンテナを伸ばし仕事の質を高めて信頼構築ができるビジネスパーソンでもあります。

繊細な感覚と客観性

質問を繰り返す中で、経験や知見から共通性や規則性を見出して仮説を立て状況を把握しようとする傾向があります。人が見過ごしたり気づかない情報をも類推し察する繊細な感覚です。

また客観性で上位の視点から俯瞰することで思い込みや固定概念という視界の妨げを排除し、更にいろいろな立場の視座という他の視点でものを見据えることで視野を広げ深い洞察の足場が築けきます。

主観的な視点だけでは、近視眼的に状況を捉えてしまいがちで視野も狭まり物事の本質を見落としてしまう危険性をはらみます。客観的に俯瞰の「引き」で全体状況を把握しつつ「寄り」で詳細を確認する「鳥の目、虫の眼」のように視点の焦点移動の技術である複眼思考でマルチアングルを利用することは観察にも重要です。

観察力と関連する仕事や職業

観察力がある人は、事象や現象に対して探究心から掘り下げて考える特徴を持つと考えます。一般的な職業で考えれば、識別作業などを行う医療関係者や品質管理業務状況判断を整理する司法関連や防衛警備監査業務の税理士やコンサルタント、また分析業務の研究関連教育指導などのコーチング業などが主に挙げられます。

狭義な考えで鑑みると、トップアスリートも団体競技や個人競技であれ周囲や自己に対して冷静に観察と分析を行い記録に挑む姿は観察力が必須と考えられます。またアーティストも独自の視点で発想を形にする姿は鋭い観察力を有している代表です。

どのような職種であれ観察力は仕事や日常において、対人関係や現状把握、分析や予測などで必要とされる資質です。特にビジネスシーンでは、客観的で繊細な視点でアンテナを張りめぐらせることが商機獲得や改善において重要な要素と考えます。

仕事で活用する観察力の本質

隠れた前提条件の発見

ビジネスで観察力を活かす場面として営業活動においては、プリセールス時における相手の隠れた前提条件の発見や問題解決や改善活動などの初動の情報収集に必要になります。

特に競合プレゼンなどの提案時には、限られた時間と情報を基に隠れた前提条件の発見がプレゼンの勝敗に大きな影響を及ぼすほど観察力は重要な能力となります。

例えば初めて会う担当者がどの様な状況であるかを、前の打ち合わせをしている人とドアの前で立ち話をしながら時刻ギリギリでミーティング室に入る様子から担当者を取り巻く状況のヒントが見えてくるでしょう。

何がこの担当者にとって役立つ状況であるかを観察力で導き出す切っ掛けになり、提案内容にプラスする上位目的である隠れた前提条件を発見することも期待できます。

観察力とはビジネスにおける気遣い

更に同じ担当者が打ち合わせ中にノートPCにばかりに目が向いていれば、話しの内容が適切に伝わらない可能性もでてきます。そのような気づきを感じた場合、要点をまとめたサマリー資料や議事録を自主的に後にデータ配布したり、伝達手段において口頭と文面など2段階の手段(ダブル・スタンバイ)など工夫をこらして多忙で几帳面な担当者を気遣うサポートにより信頼関係を構築することも可能となります。この場合の観察力とは、ビジネスにおける気遣いとも言い換えられます

過去に似た経験で、まだ組織に就任されて間もない方で社内との接点や連携が少ない状況を察したことがありました。こちらで関係する他部署の活動状況や他部署の担当者の行動を差し障りが無い範囲でお会いする時に情報共有を施しながら社内調整のサポートを行い、短期間でその担当者と関係構築を築いたこともありました。

仕事において人が観察対象の場合、まずは対象に共感を抱くことから始まめます。そこから何か察することが出来れば自然な気遣いなどを導けて関係構築に役立てられます。

学習による原因究明や改善活動

観察対象が人以外の場合、例えば数値データでWEBサイトの流入数や解析数値、売上げ数値の報告など予測や因果関係などの分析があります。

このような場合、目立つ異常値(変化)以外は直ぐに原因を理解しづらいですが、規則性や法則性、過去の類似する現象などに着目することでで解明の手がかりを見出すことも出来ます。具体的な方法では以前に紹介した問題改善の分析手段である「5Whys分析(なぜなぜ分析)」などの手法があります。

問題改善型アプローチ|5Whys分析(なぜなぜ分析)

このように仕事における観察力とは、隠れた理由の把握や問題解決の解明、ビジネスにおける気遣いなどの関係構築、新たな発見や原因究明や改善にも役立つ能力です。

補足|学習観点から見た観察力とAI(人工知能)の類似性

AI(人工知能)の学習方法も、今ではデープラーニングという機械学習の中で新たな手法が生まれ従来は人間が特徴定義を行い認識や判断のサポートを事前に行っていましたが今ではAI自体が独自に学習する機能へ拡張しました。

これによりAIはデータから特徴をつかんで法則を見つけ出し、識別、予測、会話、そして自動運転などの自立実行が可能になっているのです。つまり、特徴の抽出から独自に推論を構築して実行に役立てています。

学習の観点から観察力を考えると、現在のディープラーニングの機械学習の特徴の抽出から推論を立てる工程は観察と類似する部分でもあり、理解を深める補足と考えてここに紹介しました。観察の名人とは、特徴づかみの名人とも言えるでしょう。

AIは丸暗記ではなく特徴をつかんで法則化しているからこそ、新しいパターン、つまり未知の状態についてより正確に予測ができるようになるのです。

出典:野口 竜司「文系AI人材になる統計・プログラム知識は不要」東洋経済新報社 2019年

観察力の鍛え方

観察力を高めるためのトレーニングで一般に紹介されている方法では、絵画鑑賞や日記、小説などの読書や写真撮影などがよく挙げられています。ただ多忙な方には、時間の制約もあり簡単に取り組みつらいことも考えられます。

ちょっとした仕事の隙間時間でも簡単にできる観察力を高めるトレーニングをいくつか紹介します。ポイントは、想像と妄想の活用です。

1.カラーバス(Color Bath)

まず最初は、情報探索センサーの感度を高めるカラーバス(Color Bath)を紹介します。名前の由来は、色を一つ選んでその色縛りの情報を浴びるように探すことから付けられています。

これはちょっとした移動時間などでも行えます。強制テーマを設けることで新たな視点で探索を行い発見の幅が拡がります。それは情報の方から飛び込んでくるような情報の連鎖反応を体験できます。

集めた情報は一見、関係が無いものですが連想ゲームのように断片情報を繋げてストーリを浮かび上がらせることもできます。基本はアイデアの種を探すのに利用されますが、新たな視点を身につける視点変換のトレーニングとして探索の感度を上げることも期待出来ます。

また色だけでなく、形状、音など他の発見ヒントのテーマを代えて実行すると集まる情報量も幅も増え飽きること無く行えます。これを偶然の出会いから発想を生み出すセレンディピティ体験とも言います。

2.ひとに贈るプレゼントを考える

次は、誰かに贈るためのプレゼントを考えることで観察力に必要な共感を高めるトレーニングです。ポイントは口頭などで直接欲しているものをプレゼントの選択にせず、相手を想い貰ったら喜ぶような品を考えて選びます。

例えば、身近な同僚などにコンビニでおやつを購入してみて、本人の反応をみるなどで手軽に実験もできます。ひとの趣味嗜好を考える行為が観察力を高める身近なトレーニングにもなります。

3.特徴を掴むトレーニング

最後に観察眼を鍛えるための“ものまねトレーニング”です。特定の人物を選んでその特徴を考えます。声や仕草、雰囲気、またはいつも身につけたている物や口癖などその人の癖や物を思い返します。

このような特徴の抽出作業は習い事などの学びや観察の基本であり、デッサンなども同じ観点で模写を行います。実際に絵を描くには気持ちのハードルも高くなりがちですが、人の特徴を想像するだけであれば場所や時間に関係なく道具もなくどこでも行えるのでお奨めです。

その時に似ている特徴を他の何かに例えるように抽象化すると連想が働き多くの特徴を導き出せます。例えば見た目や雰囲気が役者さんに似ていないかなど、他の人や何かに喩えることで特徴を浮かびやすくします。このように類推していくことで新し発想を生み出すことも可能になります。これをアナロジー思考と言います。

これらトレーニングはどれも気軽にいつでも行え、情報連鎖や視点変換、共感や気づきなど観察に必要な素養を刺激します。ゲーム感覚で気軽に楽しめることが最大のポイントです。

まとめ

ビジネスで新たな気づきを導く観察力

最初に観察を実行するにおいては、あまり難しく考えずに視覚情報の中から気になるものや対象を理解するヒントとなる情報に意識を向けて断片情報を集めていきましょう。その中で変化や差分、類推や傾向などの着眼点を利用して洞察力による背後の意味や文脈を浮かび上がらせていきます。

また観察とは必ずしも視覚から入る情報だけでなく、経験から感じとれる直感も必要と感じます。その理由として、考えすぎて先入観など脳の解釈が先に働くことを避ける狙いもあります。

まずは好奇心の目で対象を捉えることを意識し、妄想や推測でも感じた内容を後付けで構わないので理由を考えて断片情報を繋ぎ合わせ気づきへ導きます。

そこから更に洞察のための分析を行うことで潜在する深い情報構造化が見えてくるでしょう。それは謎解きを楽しむように理解や学習を導き様々なビジネスシーンで活用できる万能な能力と言えます。

「目」で見るというのは、あくまで情報の収集を目が行っているというだけ。情報処理や、処理した情報に適した反応をするということまでが「見る力」です。

出典:飯田覚士『人生を変える「見る力」』
まとめ:【仕事に活かす観察力とは】
  • 観察とは「観る力(=探索)」と「気づく力(=繋ぐ)」であり、脳が認知した事象を意識的に再解釈する行為
  • 意識することで変化や兆候などに敏感になり、洞察を生み出す足場が生まれる
  • 観る時の注意点は、対象に意識を集中しつつも複眼で広角な視野を維持し見過ごしや誤解を防いで気づきを誘発させる姿勢
  • 気づく力は、断片情報を繋ぎ合わせて潜在的な文脈を浮かび上がらせ情報構造化をする「洞察」の足場作り
  • 仕事で問題解決の解明や改善活動、そして気遣いなどの対人関係にも役立つ能力
  • 観察には、必ずしも視覚などの情報だけでなく、経験から感じる直感も重要

参考文献

ツイッターやフェースブックのアカウントをフォローを頂くと最新記事を読み逃すこと無く閲覧いただけます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる