マルチアングルの複眼思考で洞察力を高める

マルチアングルの思考整理術|アイキャッチ画像|マルチアングルをメタファーとするプリズムのメガネレンズ
固定概念を払拭する創造的な観察眼を得るための複眼思考の技術とは?

マルチアングルという言葉は、もともとは映像業界で使われる用語です。複数のカメラを使用して様々な方向から撮影する技法です。アングル(角度や視点)が変わると目に入ってくる情報の量や質も変化します。小説や映画の場合、複数の人物に焦点を当てていくことで物語の展開や印象を変える手法もあります。これは、デザイン思考などで新たなアイデアを考え出す時に役に立つ視点変換のアプローチの一つです。その複眼思考の技術ポイントを解説していきます。

目次

視点のスイッチング効果

正しくものごとを捉える複眼による観察の視点

円錐という形は、真横から正対して見ると2等辺三角形、上から覗くと円の形状をしています。円錐として認識するには、その対象を複眼で俯瞰してはじめて認識が可能になります。人によってものの捉え方も千差万別であり、固定された視点だけでものを捉えても本質を見誤る可能性があるという例えです。

思い込みや固定概念に縛られて斬新なアイデアが思いつかない時に、あえて視点を変えて考える事で新たな発見の糸口が見えてもきます。これをものごとを正しく捉えるための観察における「視点のスイッチング効果」とした場合、今度は視点によって対象の印象が変わる仕組みについて考えていきます。

視点・視座・視野を説明したイラスト図:円錐を捉える視点の位置で見える形状は変化する
円錐を捉える視点の位置で見える形状は変化する

複眼による新い発見を促す2つのアングル

主観と客観の2軸を活用

過去に経験したことを誰かに伝える時、楽しいことも悲劇も、基本は自分を中心とした物語とした語り口に、当然、なりがちです。例えば、財布を忘れて買い物に出かけてレジで支払いが出来なかった出来事を悲劇として話すか、笑い話しとて話すか、どちらの切り口でも話せる内容です。ただ、見る視点の位置によっては、ものごとは真逆に捉えらことも可能になります。レジ打ちの人から見たら、懸命に財布を鞄やズボンのポケットを探す様子が滑稽に映っていたかもしれません。本人にしたら、「参ったなぁ」と必死な状況だったでしょう。目線を変えて考えれば、「主観」で見るか「客観」で見るかの違いです。

何事も経験は重要な手がかりとして、アイデアを考える時にも手助けにはなります。しかし、主に記憶は「主観」で構成される傾向があります。例えば、クライアントの担当者の方と取り組むべき課題を検討する場合、その組織や業界に長く在籍されていると思い込みや既成概念などから、なかなか斬新な発想に繋げられないケースがあります。特に私たちは成功体験からなかなか抜けられず、声の大きな人の固定概念になびいてしまいがちです。会話の流れが「主観」か「客観」かを意識しながら注意深く話しを聴きながら、視点のバランスに注意した複眼思考で正しい方向に舵を取れるように意識してみましょう。それでは、具体的な複眼思考の舵取りの方法の例を解説します。

「引き」と「寄り」の焦点調整

課題の焦点を合わせる”ピント合わせ”

人物デッサンで全身を描く時、特に慣れていない人に共通する描き方があります。それは、いきなり細部から描き出して全体の構成のバランスが収まらない現象です。全身を描かなければならないのに、いきなり指先や目、鼻などの描けば時間も掛かり、構成が収まりづらくなります。慣れたひとは全体の絵の構成を決め、外側から内に向かって描く手法で進めていきます。

「引き」は客観性、「寄り」は主観性の象徴と定義しましょう。この「引き」と「寄り」のピント合わせの技術が思考の舵取りに重要になります。はじめに全体を捉えるために「引き」で観察しながら「寄り」で詳細部分を仕上げていくデッサンのように、はじめから寄ってしまうと、どうしても視野が狭く思考の拡がりが失われます。これは問題解決のプロセスにも共通し、全体の事象や問題を整理した上で課題に焦点を合わせないと、話しが枝葉末節に陥り時間だけがただ過ぎていく会議のようなものです。また視点は「引き」、「寄り」の客観と主観の水平2軸の視点と、前述のマルチアングルな俯瞰した垂直的視座も合わせて取り入れることで、アイデアがよりふくらみ豊潤にしあがります。

アイデア出しにおける複眼思考の実践法

このマルチアングルの複眼思考は、デザイン思考のアイデア出しや提案書の企画立案などで、アイデアのブラッシュアップや発散時に役立ちます。そもそも、ゼロから考えを生み出すのは非常に困難をであり希なる行為です。「発散」と「収束」というアイデア創出のプロセスにおいて、前半のアイデアの数をとにかく洗い出す作業において、既存の考えを真逆の視点で見てみたり、普通の考えを違う視点や俯瞰した視座で捉えることで新たな着想の助けになりえます。

映画監督クリストファー・ノーラン監督の2作目にして出生作にあたるサスペスン映画「メメント」は、殺人事件の終わりからストーリーが逆回転して殺人犯を追う記憶が10分しか持たない男性を描きアカデミー賞にもノミネートされました。この革新的な脚本は弟のジョナサンの短編脚本を基にし脚本を共作しています。その斬新なストーリー展開は、従来のサスペンスを違う観点(逆回転)で捉え、主人公がストーリーを再編集する流れに仕上げて独創性を確立しています。物語の骨子自体は、よくある妻を殺した殺人犯を主人公が追う展開です。主人公は10分しか記憶が持たず、その記憶をたどるために過去と現在、多くの証言者の登場による多重視点の組み合わせ、このような独創的な映画がに仕上がったと言えます。

まとめ:斬新に物事を捉える視点のスイッチング作業

マルチアングルの視点を意識すると、日常のいろいろな出来事も違った一面に気付くこともできます。私たちは、独善的な思考の癖が染みつき、思い込みでものごとを判断する傾向があります。そんな時は、カメラのレンズのように「引き」と「寄り」を繰り返しピント調整をすることで気付かなかった輪郭が浮かび上がったり、新しいアイデアの糸口が見つかることがあります。会議などで行き詰まって来たときなど、一度、論点の角度調整を意識してみてください。新たな発見に気づけるかもしれません。

まとめ:【マルチアングルの複眼思考とは】
  • 正しくものごとを捉えるために、マルチアングルな複眼で観察することで誤認を回避する
  • 主観と客観の視点の取り方によって、ものごとの印象は大きく変化する
  • 「引き」と「寄り」の思考を繰り返して焦点距離を絶えず調整し固定概念を削ぎ落とす
  • 垂直的なマルチアングルの視座と、水平的な主観・客観のピント調整繰り返した視点を合わせてアイデアの核心を捉える
マルチアングルの思考整理術|アイキャッチ画像|マルチアングルをメタファーとするプリズムのメガネレンズ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事をシェア頂けましたら、励みになります。
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる