マルチアングルの複眼的な思考で洞察力を高める

アイキャッチ画像|マルチアングルをメタファーとするプリズムのメガネレンズ|デザイン思考やアート思考などマルチアングルの複眼を活用した発想法を解説します。
固定概念を払拭する創造的な観察眼を得るための複眼思考の技術とは?

マルチアングルという言葉は、もともとは映像業界で使われる用語です。複数のカメラを使用して様々な方向から撮影する技法です。アングル(視点の角度)が変わると目に入る情報の量や質も変化します。小説や映画の場合、複数の人物に焦点を当てることで物語の展開や印象を変える手法でもあります。

問題解決やデザイン思考などでは、新たなアイデアを考え出す時に役に立つ視点変換のアプローチの一つです。この複眼的な思考のポイントを解説していきます。

目次

複眼による思考と観点の拡がり

洞察を支える視点のスイッチング技術

円錐という形は、真横から正対して見ると2等辺三角形、上から覗くと円の形状をしています。円錐として認識するには、その対象を複眼で俯瞰してはじめて認識が可能になります。人によってものの捉え方も千差万別であり、固定された視点だけでものを捉えても本質を見誤る可能性があります。

視点・視座・視野を説明したイラスト図:円錐を捉える視点の位置で見える形状は変化する
円錐を捉える視点の位置で見える形状は変化する

思い込みや固定概念に縛られたり、斬新なアイデアが思いつかない時にあえて視点を変えて考え直す事で新たな発見の糸口が見えることがあります。特に何かを深く読み込むための観察が必要な時には複眼的な考察が重要となります。これをものごとを正しく捉えるための深い洞察を可能にする「視点のスイッチング効果」と定義します。その視点によって対象の印象や解釈が変わる仕組みについて考察していきます。

新い発見を促す2軸の視点

主観と客観による同一世界のパラレルワールド

出来事を主観的にで捉えるか客観的に見るかで同一世界の趣向は大きく変わります。例えば過去の経験を誰かに伝える時、楽しいことも悲劇も基本は自分中心の主観の話しになります。

例えば、財布を忘れて買い物に出かけてレジで支払いが出来なかった出来事を悲劇として話すか喜劇と話すか、どちらも同じ事象ですが伝え方で印象は異なります。

更にレジの店員から見たら、懸命に財布を探す様子に対して同情の感情よりも会計作業を早く終わらせて貰いたい困惑の気持ちを抱くこともあるでしょう。この捉え方により解釈が変化する様は、同一世界のパラレルワールドと言えます。

このように事象を別の視点で捉え直すことで、別の解釈の存在に気づきます。例えばビジネスにおいてクライアントの担当者の方と取り組むべき課題を検討する際、組織や業界に長く在籍していると固定概念からなかなか新たな発想が出てこないないケースがあります。所謂、「灯台下暗し」な状態です。

特に過去の成功体験や業界の慣習から抜けられず、新らしい考えに対して懐疑的な気構えに陥りがちになります。そのために外部から知恵を借りようとして専門家を招集しても、新たな提案を最終的に受け入れられない失敗談はよく起こります。

重要なのは、事実に基づいた客観的な発言か主観的な感想かに注意して主観と客観に分けて、複眼的な思考で多様な解釈が存在しうるパラレルワールドであることを意識します。それにより思い込みなどの固定概念を緩和し、柔軟で広い視野と思考で深い洞察に繋がる新たな発想が可能となります。

「引き」と「寄り」の焦点調整による複眼思考

全体像の把握と論点にピント合わせる技

人物デッサンで全身を描く時、特に慣れていない人に共通する描き方があります。それは、いきなり細部から描き出して全体の構成のバランスが収まらない現象です。全身を描かなければならないのに、いきなり手先や目、鼻などの細かいところから描写し出して時間も掛かる上、絵の全体構成のバランスが収まりが付かなくなる傾向があります。

デッサンに慣れたひとは全体構成を決め、外側から内に向かって繰り返し描く流れを行います。これは「引き(ズームアウト)」と「寄り(ズームイン)」の視点を繰り返すことで描く対象の全体構成のバランスを修正しながら描写を進める技法で、正確に描写するデッサンのテクニックです。これは論理的な思考プロセスとも共通します。この「引き」と「寄り」のピント合わせの焦点調整は、課題の論点整理にも役立ちます。

論点整理のための複眼的な思考サイクル

具体的には、はじめに問題の全体像を捉えるために「引き」の客観的な視点で全体を観察します。次に「寄り」で細部を見据える視点へ移動していきます。この「寄り」の視点では、増える情報量に対して主観である内発的な感情で向かい合うことで自問自答が起こり、新たな問いを生み出す切っ掛けになります。

つまり、客観的な「引き」の視点である観察から徐々に「寄り」の視点で内発的(主観的)な自問自答で疑問を派生させ論点に対する仮説を浮上させます。これは問題に対する論点を切り出すための、観察問い仮説の基本的な洞察を深める思考サイクルです。実際の問題解決における工程では、順番は特に重要ではなく仮説設定が一番先でも構いません。

重要なのは思考が行き詰まった時に、どこからでも揺さぶりを掛けて思考を活性化させる複眼的な姿勢です。

これに対してよくある失敗するケースは、最初から近視眼的に視野を狭めてしまい思考の拡がりが失われる場合です。結果として、全体像を見据えない状況でアイデアを出そうとしても表層のみにしか意識が届かず、深層の本質を見失い予定調和でありきたりなアイデアに帰結してしまうことです。具体的な例では、いきなり話しが枝葉末節に陥り時間だけが過ぎて結論が出てこない会議です。

この「引き」と「寄り」の2軸の複眼の視点でピント調整を繰り返しながら、異なる視点で視野を広げて論点の見落としとなる死角を取り除きながらアイデアを精製します。このような複眼的な思考は、新たな発想や企画立案などに役立てることが可能です。

複眼的な思考を進める上での注意点

発言者と意見を分離する

ブレストを行う際にも、発言内容が客観性を持っているかどうかを意識することで思い込みや話しの筋が逸れていくことを防ぎます。また発言内容でなく発言者に注目が集まる感情的な忖度を牽制することも重要です。よく起こるのは、社内での役職差による「声の大きなひと」の発言問題です。論点が混戦する会議の場合は、参加者の視点を整備する討議上の工夫が必要になります。

特に注意したい主観的な表現は、「あり得ない」や「絶体…○○だ。」などの主観的な決めつける言葉です。多様な観点を打ち消してしまいます。そのような発言を受けた場合は、冷静に「なるほど、なぜそう思われているか教えてもらいえますでしょうか」などの質問を投げかけて討議内容を客観的な流れに戻す工夫が必要になります。

この様な場合には、ファシリテーション技法で「発言者と意見を分離する」方法が有効です。具体的には、ホワイトボードなどに出て来た意見を書き出して、会話を文字に起こして因果関係が成立しているかを考える場を設けます。

早期アイデアの芽を摘まない心構え

このように会話の内容を文字で可視化することで発言内容を整理する機会になり、更に発言者と発言内容が切り離されることで冷静に内容を見直すことができす。主観と客観の観点を意識してアイデアの芽を早期に摘まない心構えが必要です。

特にブレストなどのアイデア会議の初期は、思考を拡張させ可能性を広げることが独創的なアイデアを創出するためには重要です。

発想の基本プロセス「発散」と「収束」

発想の基本プロセスに「発散」と「収束」という流れがあります。前半の「発散」ステージではアイデアの数を多く捻出するために、既存の考えを真逆の視点で見てみたり、普通の考えを違う角度や俯瞰した視座で捉えることで新たな発想の助けにします。

後半の「収束」ステージでは、出て来たアイデアを似た要素同士をまとめていきます。ポストイットを利用して壁やホワイトボードに要素を分類すると板書すよりも素早く整理や試行錯誤ができスムースな分類作業が可能になります。

特に問題解決などの場合は、「発散」と「収束」の流れを繰り返す様相が2つの菱形が並ぶ姿より“問題解決のダブルダイヤモンド”とも言われます。

問題定義と解決における「発散」と「収束」の"ダブルダイヤモンド"の図
アイデアを「発散」し可能性を広げその後に「収束」させるアイデア捻出する「発散」と「収縮」の思考法:「ダブルダイヤモンド」構造

複眼的な思考の実践方法

二項対立の分析

具体的な複眼で発想する手法は、「二項対立の分析」という相対する二つの側面(軸)から物事を考えることで表裏、矛盾や対立などの一対の相関関係で反自動的に視点を増やして発想を拡張する方法です。

二項対立の例を挙げると「全体・部分」、「長期・短期」、「メリット・デメリット」、または属性軸で「男・女」などの切り口があります。以下の関連記事で具他的な二項対立の分析方法を解説しています。具体的な説明は、そちらも合わせてご確認ください。

まとめ

独創的な創造を導く複眼的な思考

映画監督クリストファー・ノーラン監督の2作目にして出生作にあたるサスペスン映画「メメント」は、殺人事件の終わりからストーリーが逆回転し記憶を回想する物語でした。主人公である殺人容疑者の記憶が10分しか持たない男性を描きアカデミー賞にもノミネートされました。

記憶をたどるために過去と現在、多くの証言者の登場による多重視点の組み合わせで謎を解いていく斬新なストーリー展開で観客の意識をスクリーンの中に引き込み人気を博しました。

私たちは独善的な思考の癖が染みつき、思い込みで判断をする傾向があります。マルチアングルな複眼思考を意識することで、日常のいろいろな出来事も違った側面に気付き新たな解釈も可能となり発想が豊かになります。

カメラのレンズのように「引き」と「寄り」を繰り返しピント調整をすることで気付かなかった論点の輪郭が浮かび上がらせたり、新しいアイデアの糸口が見つけることができます。

アイデア出しのブレインストーミングなどで行き詰まったときなど、論点の焦点調整を意識してみてください。新たな発見の糸口に気づけるかもしれません。

まとめ:【マルチアングルの複眼思考とは】
  • 正しくものごとを捉えるために、マルチアングルな複眼で論点の誤認を回避する
  • 主観と客観の視点の取り方によって、ものごとの解釈は大きく変化する
  • 「引き」と「寄り」の複眼的な思考を繰り返して固定概念を削ぎ落とす
  • 垂直的な視座と、水平的な視野のピント調整繰り返し洞察の解像度を高める

参考文献

ツイッターやフェースブックのアカウントをフォローを頂くと最新記事を見逃すこと無く閲覧いただけます。

アイキャッチ画像|マルチアングルをメタファーとするプリズムのメガネレンズ|デザイン思考やアート思考などマルチアングルの複眼を活用した発想法を解説します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次