デザイン思考の理解を阻む“3つの神話”

イメージ画像|デザイン思考の3つの神話を華の溶けゆく画像がメタファー
デザイン思考の理解を深めるための3つの神話を紐解きます。
URLをコピーする
URLをコピーしました!

デザイン思考に関する知識は、オンライン上で情報を簡単に入手できるほど多く配信されてきました。デザイン思考の基本の解説、活用事例も多く触れる事ができます。しかし海外の考えなどの場合、翻訳が不十分であったり独自の解釈やカタカナ用語をそのまま利用している場合に意味が掴みつらいことも多々あります。デザイン思考の場合も、「マインドセット」などの用語やあるいは「0から1を生み出す手法」などの言い回しで紹介されているケースも目にします。初級者にとってデザイン思考の本質が読み取り辛い表現などを今一度、見直してデザイン思考に関するモヤモヤする疑問を整理していきます。

目次

神話1.“デザイン思考”とは思考法なのか?

まずは”デザイン思考”は、デザイナーのデザイン工程を認知心理学などを活用して体系化したもので、各ステップの作業項目自体は、特に目新しいものではありません。

例えば課題設定を行うための”共感”ステージやその後の”問題再定義”なども対象者を観察しながら客観的な事実を収集する行為や、更に問題の深層を掘り下げていく行為も従来のクリティカルシンキングやラテラルシンキングなどユーザー分析のために定点観測を行い固定概念を取り除く流れと基本は大差はありません。

また問題の解決策を出し合いアイデアを押し広げる”創造”ステージでは、アナロジー思考や仮説思考など多角的な観点で思考の飛躍を試む行為とも繋がります。

“○○○思考”と言われている多くは、発想を促す型(思考の作法、または思考の型である”フレームワーク”)であり、それぞれ異なる特徴があります。デザイン思考は、”思考”と名付けられているが故に頭の中の情報整理や考える技術として注力されがちですが、試作(プロトタイプ)や言語化など発想を具現化させ気付き(学び)をもたらす実験的行為と考えます。米国のIDEOでデザインに従事していた、深澤直人氏のインタビュー記事でも以下のように表現されています。

「思考」という言葉から日本人は「考えること」だと思い込んでしまいますが、デザイン思考は頭で考えるものではなく、全身で体感して「気づくもの」です。

日本の「デザイン思考」は誤解だらけ

つまり、「思考」という言葉で異なる先入観が生まれチームで考えるためのブレスト技術と思われがちですが、デザイン思考が他の思考技術と大きく異なる特徴は、頭で考えながらも共感マップ設定やジャーニーマップ、プロトタイプなどアイデアを言語化や視覚化などで具現化させながらチーム内でアイデアを共有しながら思考を活性化させるため(=気づき)の学習手段と解釈しています。

デザイン思考を実践するにあたり、既存の手法を活用し実験を繰り返して目に見える形に問題解決を具現化するのが特徴になります。

神話2.“デザイン思考は、マインドセットである”の真意

「デザイン思考とは、マインドセットである」という表現は、デザイン思考の特徴を語るうえで初期に目にする一節です。これは、デザイン思考を体系立てたIDEO社の原文表現(英文)の一部を抜き出し記載されたものです。原文を読んでみると意図は理解できるのですが、この一文だけを見せられると、「マインドセット」という言葉がひとによっては意味が曖昧で、意図を掴み辛くさせている原因ではないかと推測します。

IDEO: “Design Thinking for Educators toolkits + workbook” (原文-英-PDFーダウンロード )

「マインドセット」の言葉の意味:マインドセットとは?

英和辞書などではマインドセットの一般的な翻訳として「思考態度(考え方、姿勢)」などが挙げられ、補足でものの見方考え方とも説明が施されてています。ビジネスシーンなどの文脈では「心構え(=ものの捉え方)」という意味で使われます。

ものの見方としてのマインドセットの例文を挙げると、コップに水が半分入っている状態が目の前にあるとします。「まだ半分も水がある」と捉えるか「半分しか水が残ってない」と見方によって解釈はことなります。このものの捉え方である心構えがマインドセットの意味になります。

デザイン思考を構成する4つの観点

それではIDEOが提唱しているデザイン思考の基本姿勢であるマインドセットは、以下の4つの観点が原文に記載されています。

人を中心に捉える:Human-Centered

デザイン思考の起点となる、ひとの動機や洞察を深く理解し共感する姿勢

共創による多彩な観点:Collaborative

複数観点で補強し問題解決を確実にする

前向きに捉える楽観主義:Optimistics

どのような制約条件でも創造的な変革は起こせるデザイン思考の基本信念

実験的な経験からの学び:Experimental

失敗も糧にし反復的に学びを重ねて大胆な変革を生み出す

特に最後の“Experimental”にあるように、実験から学ぶという姿勢(=マインドセット)は、デザイン思考を理解する上で重要な要素であると感じます。これは、デザイン思考とは机上の理論や研究でなく、行動から学習し最適の解を導くことがデザイン思考の特徴であると、以下の一文からも窺えます。

Design Thinking is all about learning by doing.

参照:IDEOー“Design Thinking for Educators 2nd Edition” P11.より

4つの観点で構成されたデザイン思考のマインドセットとは、チーム作業がブレないために、そして、独創的な着想に飛躍させるための基本指針であり、ものの捉え方こそが重要であるという意図で”Design Thinking is mindset “という一文に表していると考えられます。

神話3.アイデアを生む0ー>1の論点整理

最後に「0から1を生み出す思考法」という、デザイン思考・アート思考などを云い表すキャッチコピーを書籍の帯などによく目にします。確かに今までにない発想を最終的にデザインとして形作るという意味では、結果的にそう表現できるかもしれません。

しかし、ひとの思考は個の内面からふと湧き上がるインスピレーションだけで成り立つというものでは無いと考えます。そもそも新しいアイデアの「新しい」という言葉をどう解釈するかの問題でもあると考えます。

加藤昌治氏の著書『考具』では、「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもないー“アイデアのヒント”(ジャック・フォスター著)」を引用し、ゼロから生まれるアイデアが滅多に出てくるのもではなく、心を気楽に保つ事の重要性を説いています。わたしもマーケティングキャンペーンのプランニングに携わっていた時など、素早いアイデア製造を行う基本姿勢として気負う気持ちを落ち着かせてくれる言葉でした。

また、佐々木康裕氏の著書『感性思考』では以下の様に、一部の天才によるひらめきのようなセンスは不要である旨を伝えています。

“常に斬新かつ人の心を引きつける発想をするデザイナーたちは、何もまったくの0から新しいアイデアを創出しているわけではなく、むしろ既存のものを組み替え、新しい組み合わせをつくることによって、強烈なアウトプットを生み出しています。”

更に、外山滋比古の著書『思考の整理学』では、以下のように発想における解説が施されています。

まったく何もないところにインスピレーションがおこることは考えられない。さまざまな知識や経験や感情がすでに存在する。そこへひとりの人間の個性が入って行く。すると、知識と知識、あるいは、感情と感情とが結合して、新しい知識、新しい感情を生み出す。

既存の事象を丁寧に観察したり、意識して情報を蓄えそれらが化合して新たな発想に結びつく意味で、デザイン思考などの実験から導き出す気付きの工程は、無意識=0 から大発明を求めるという意図ではなく、繰り返す実験結果からアイデアを捻出する行為と言えるのではないかと感じます。

つまり新規性を謳うための広告的な意味合いとして、「0−>1」という派手な表現がもてはやされているのかもしれませんが、過剰な期待や誤解を招き本質の理解を妨げていると感じます。

特に創造過程である“IDEATION”(アイデア形成)において、発散させるステージでは無意識に高いハードルが生じてアイデアが出しの阻害要因に成ることを感じます。特にワークショップを開催してアイデア出しで参加者同士が膠着した雰囲気を目にすることもあります。

何か大発明を起こせる魔法の杖のごとく「0->1発想方」と捉える過剰な期待が表現から感じますが、むしろ“謎解きゲーム”のように既存のヒントをつなぎ合わせてアイデアを飛躍させながら問題を解くのがデザイン思考の醍醐味と考えます。

問題解決の手段として新規性だけに意識が向いてしまうと本来の課題の設定を誤る危険性も出て注意が必要となります。

まとめ:デザイン思考の理解を阻む“3つの神話

デザイン思考に限らず、海外の方法論やツールなどはカタカナ用語が多く使われ分かった気分になりがちですが、誤解の危険性もはらんでいます。無料の翻訳サービスもあるので不明点や腹落ちしない場合は、原本である一次情報をネットで検索して確認してみることもお薦めします。

もちろんデザイン思考における新たな解釈や多様な意見などもあってしかり。多くの記事や書籍を確認して混沌とすることもありますが、オリジナルの考え方を基に据えながら実践の中で自分の目的に即した部分を利用することから始めてみるのも良いと考えます。

日本古来の考えである華道や武道など「道」を究める過程である「守・破・離」になぞると、基本型を正しく理解した上で(守)、ある程度、理解が深まったら敢えて異なる考えも学び視野を拡げ思考の幅をもたせつつ(破)、独自の様式に辿り着く(離)ことも必要と思われます。今回は「守り」を盤石化すべくデザイン思考の基本概念を再考しました。今後は応用に向けたデザイン思考を遂行する上で気をつけるべきポイント(チーム構築やプロセス偏重の注意点)なども随時、取り上げて行く予定です。

まとめ:デザイン思考の神話
  • 机上の思考法ではなく、実験を繰り返し学びからアイデアを磨き上げ具現化する発想する手段
  • デザイン思考は手法論だけでなく、アイデアを導くための心構え=マインドセットが重要
  • 無から大発明を意識するのでなく、事象を注意深く観察・理解し知識を化合して発想の飛躍を目指す

参考文献

ツイッターやフェースブックのアカウントをフォローを頂くと最新記事を見逃すこと無く閲覧いただけます。

イメージ画像|デザイン思考の3つの神話を華の溶けゆく画像がメタファー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる